スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島レスキュー喜びと哀しみ

私たちが保護した場所周辺には、下記のチラシが貼っています。
特徴を書き、周辺に貼ります。
(山の中で保護した猫には、貼っていません)
犬の場合は、犬の大きな文字があります。
そして保健所に、保護犬猫一覧を置かせていただいています。

一時帰宅の時に、張り紙を見てくれることを祈りながら。
保護現場周辺に掲示

7月4日に保護した犬。
いつもお願いしているアニマルトラストさんへのお渡し時間後の保護。
あっこさんに相談したら、お預かり先があるとのことで横浜へ立ち寄りました。

DSC00400_convert_20120202233456.jpg
車の中でもすごくいい子でした。

DSC00402+(1)c_convert_20120202233416.jpg

この子は、本当に強運!!
7/22に飼い主さんがお見えになったそうで、5ヶ月ぶりの再会を
本当のお名前は「らんちゃん」というのだそうです。
良かった



7月2日早朝8時 
福島県双葉郡浪江町権現堂新町(陸前浜街道沿い)で保護

この猫に心当たりがある方は、ご連絡下さい 

DSC00318_convert_20120202234033.jpg

商店が多い陸前浜街道のシェル石油近くにいました。
壊れた家…割れ目のある道路。
この間まで、賑やかだった町だったでしょうに…
DSC00316_convert_20120203004858.jpg

保護した時に、一目見て…症状の重さが分かるほど。
エイズ、白血病ダブルキャリア。
ヨダレがあり、口の中は血の気の引いた状態。
名古屋まで、持つかと…心配な状態だったけど、
連れ帰る前に、スクリーニングをし、点滴とインターキャットを施していただいた。

なな♀と名前をつけて、病気猫部屋になった和室でケージの中で休んでもらっていた。
口の中から血が出るほどの酷い口内炎で、見るに耐えないほど凹
目ヤニも酷く、目の周りも痛い気だった。

覚悟しながら、時は過ぎたが…
口内炎に効果のある注射や栄養剤、インターキャット治療の甲斐あって
食欲もある。便もいい。口内からの出血も治まった。
もしかしたら、この子は大丈夫かもしれないと期待もしていたが
元気に過ごした4ヶ月を過ぎた頃、食べなくなって点滴栄養に切り替え、
熱は下がったものの、横たわったまま…数日後に天使になってしまった。

8月9月10月11月…
ななちゃんから始まった看護の日々。
目薬も耳掃除も嫌がりながらもさせてくれた我慢強い子だった。
一年、二年…生きるかもしれないと願っていたのに…。

DSC00410_convert_20120202233548.jpg

口内炎のせいで、いつも舌がチョコンと出ていたななちゃん
食事の時間に部屋に入ると、一番大きな声で、大きな口をあけて食べていたななちゃん。
美味しそうに大きく口をあけてご飯を食べていたななちゃん
寝るときに横たわらずに、丸くなって座ったまま寝る
いつもいつも緊張した中で暮らしていた寝姿を見るたびに…
猫とて同じ命のはずなのに、沢山の辛さを経験した過去
生まれた時に、出会っていたら…時を戻せるなら。



※7月2日~4日に数対の死骸を見ました。
ショックな画像かもしれないので、勇気のある方のみご覧下さい。
一番下に貼っておきます。

沢山の命が犠牲となった現実。
救出された猫たちが、どれほど過酷な状況下にいたのか…を
知って欲しいので、公開します。

救出活動のみに集中しなければ、その場で泣いてしまいそうなので
過去、写真に納めたことはありませんでしたが、
政府への要請文書に添付しようと思い…
この子に…ごめんね。と手を合わせ、生きているこのために撮らせてもらいました。

悲しい物語は、まだ何頭もありますが…
今日は、ななちゃんを思い出してしまって…辛くなってきました。
続きは、また。

嬉しいことや哀しいこと…時間がかなり経過して申し訳ありません。
日々の忙しさに加えて、
福島の救出で経験した諸々を、私の中で消化するのに時間がかかりました。

ご支援を頂いている皆様、ご報告が遅くなって申し訳ございません。
まだまだ治療の必要な猫たちが多くおります。
被災猫たちへの義捐金のご協力を引き続きご協力いただければ幸いです。



DSC00398_convert_20120202233136.jpg




たくさんの方に知っていただきたいので、それぞれ一回クリックをよろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

里親募集強化の為、地域猫から猫ボランティア・保護活動へ一時移動いたします
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: せんぼうさんへ

こんばんは、いつもご訪問いただきまして有難うございます。

> あの日がなければ今も幸せにいただろう小さな命が、たくさん失われた事実を改めて感じました。
はい、現地に行かなければ、どれだけの過酷な現状にいるのか
たぶんに、ここ名古屋にいても分からない現実だと思います。
犬や猫は「現実を受け入れ、生きる」しかないのですものね・・・
同じ過去を繰り返さないように、私たちは災害に備え、
そして動物を飼うと言う事は、こういう責任もついてくることを考えるべきだと思います。

> ペットたちも家族の一員なのに、どうして一緒に避難させてやれなかったんでしょう・・・ペットたちだけ一時どこか他の場所に保護するとか・・・
> 飼い主の方たちもどんなに辛かったか・・・ほんとうに悲しいです。
本当に・・・。
私は悲しさを超えて、怒ってます(笑)
なぜ?残されたのか?国の判断で動物たちは圏外に出すと危険と判断されたからだと思います。
風評被害を国自らがしているのです。
国自らが動物愛護管理法違反をしているのです。
政権というパワーハラスメント行為だと私は思います。
この国の未熟さが露骨に表に出た結果で、動物たちはその被害者だと思います。

多方面にその現実を伝え、政治家に抗議をしてきましたが、動物は後回し対策。
被害者対応ものんびり対策
行政はその名の下に業務が遅すぎますよ!
この件、本当に怒ってもいい部分、国民一人一人が怒るべき部分だと私は思います。
国はちゃんとやっているなど、私にはとてもこの国を褒めれません。

真の先進国になるためには、もっと国民は国に対して怒るべきです。
被災者の方々や動物たちの現実は、悲しいどころの現実ではないです。
国民一人一人が福島原発問題を考え
怒りをもって、国を変えていかねばと切に思う現実です。

私には、犬猫を救うことしか出来なかったから、救いに行きました。
この子達を幸せにしてくれる家族へ、今後は命のリレーを走り続けます。

No title

あの日がなければ今も幸せにいただろう小さな命が、たくさん失われた事実を改めて感じました。
ペットたちも家族の一員なのに、どうして一緒に避難させてやれなかったんでしょう・・・ペットたちだけ一時どこか他の場所に保護するとか・・・
飼い主の方たちもどんなに辛かったか・・・ほんとうに悲しいです。
ショッピング支援
☆楽天






☆オリジナルTNR猫グッズ

T.N.R_10(バッグ)
T.N.R_7(缶バッジ)


「にゃぬ~ン王国」のゆさんがデザイン支援をしてくれました。
売り上げの一部が猫たちの治療・不妊手術に使用されます。



カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
検索フォーム
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
カーソルの周りをきらきら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。