スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島警戒地域救助活動支援

懸命に救助を続けるアニマルエイドさんの応援支援宜しくお願い致します。

☆アニマルエイド 事務局日記
http://ameblo.jp/animalaid-jimunikki/entry-11146454070.html

2012年01月26日(木) 11時57分59秒
皆様いつも有り難うございます。
また、近々圏内レスキューに入ります。
今回は、車両3台×2日になります。

特にキャットフードが不足しています。何でも構いません。
まだまだ、圏内にはとんでもない数の特に猫が残されています。
特に浪江の某所には、先週撒いた餌が見事に空になっている場所が多いです。
昨年末の黄色リボンでの保護活動も終わり、世間の関心も薄れつつあります。

もうあと少しで震災から一年が経とうとしています。
それなのに、
未だに、助けられなくて、極寒の中を彷徨っている動物達がいます。
どうか、皆様の御協力を何卒宜しくお願いいたします。


餌御送付先
上尾市小敷谷720-6
電話 0487261334
一般社団法人 アニマルエイド

医療費の御支援を宜しくお願い致します
お振込先
ゆうちょ銀行 イッパンシャダンホウジンアニマルエイド
記号 10300 番号 74498801

銀行からのお振込みの場合は、
三菱東京UFJ銀行 大宮支店 普通口座 口座番号5192931
アニマルエイドシバタエミコ

福島の救出活動の折に知り合ったシバタさん、
いつも懸命に時間を作っては救出活動を今も続けてくれている。
現地で会うたびに細くなっていった彼女
聞いてみると、活動を初めて10kg近く痩せたという…
飾らない気さくな、そして動物たちに懸命な方です。
私たちが救出した猫たちの保護先がなかった時…
アニマルエイドはすぐに10匹までならと返事をくれたこともあります。

今、保護先を持たない私たちは、現地には行けないけれど…
彼女たちの後方支援部隊として、今後に備えて受け皿を公募したいと思う。
兼ねてから、病院とシェルター設立が実現の折には、
アニマルエイドの保護猫たちを順に移動させて、譲渡活動支援をしようと思っていた。
まだ、病院とシェルター設立の実現はない。
我が家は、無理をすれば、5匹は受け入れ出来るが、最近の体力では
これ以上の頭数の世話を続ければ、わが身が持たない気がする。

極寒の地で救助を待っている子達…
もう本当に彼らの命のタイムリミットは残されてない。

シバタさんから、私、りりママへの参戦要望が時々あるが…
行けずに、今日に至っている。
土地に詳しくなっている私の参戦は、少しは役に立つと思うが
今は救助活動に向かう余裕もない。
けど…何かの形でシバタさんのお役に立ちたい。

皆様方も出来る範囲でかまいません。
3月11日。あの日から…
今まで頑張って生き抜いてきた犬猫たちに救助の手を差し伸べてください。

__________________

TBS ニュースより
環境省は福島第一原発周辺の警戒区域に取り残されているペットについて、
来週実施される一時帰宅から住民自らが連れて帰ることができるようになると発表しました


警戒区域に取り残されたペットについては、これまで住民の一時帰宅が大型バスなど
で行われていたことから連れて帰ることができませんでした。

しかし、住民から「ペットを連れて帰りたい」という要望が相次いでいたため、
環境省は今月29日から始まる3回目の一時帰宅からペットを連れて帰ることが
できるようにすると発表しました。

対象となるペットは「犬」と「猫」に限られ、
自家用車での一時帰宅などが持ち出しの条件となっています。
連れて帰ったペットは放射線量を測り、基準値を超えていた場合は
除染を行うということです。
__________________

多くの犬猫たちが家族の下へ…と祈ります。

被災者の中には、つれて帰る場所がない方が多くいます。
上記のニュースが流れたと同時に、ボランティア団体に多くの救助要請が来ると思います。
連れ帰れない子を助けて欲しい。という切なる思いです。
アニマルエイドさんにも多くの依頼が来たのだと思います。

やっと!!!
政府のこの許可が出た!!!
  もっと早く!もっと早くに出してくれていたなら…
  ニュースを聞き…涙が出てしかたなかった。
  数々の死と過酷な現状に耐えて家族をまつ犬猫たちの姿をたくさん見てきたから…
  私たち福島への救助活動した方々は、みんなこの日を待ち要請を政府に続けてきた。
  行政がもっと早く、救えるようにすべきだった事実を見すぎた今
  とても複雑な気持ちで、このニュースを受け止めている。

多くの飼い主の方がこの朗報に勇気を持って、
過酷な現実に耐え抜いた犬猫たちを救いに行ってあげて欲しい。
ほめて、抱きしめてあげて欲しい。

連れ帰る場所がない方のために、今、保護先が必要です。
__________________

福島県被災猫の一時預かり先募集!!
スクリーニングを受けて連れ帰りますので、人には影響はありません。
私、りりママが責任を持って、アニマルエイドから名古屋まで搬送いたします。

治療が必要な猫たちばかりかと思います。
上尾市から名古屋間で、犬または猫の一時預かり先を募集いたします。
愛知県、岐阜県、三重県の方もお願い致します。

・病院への通院が可能な方
・一時預かり中の治療費及び諸経費をご支援いただける方
・定期的な報告をいただける方
名古屋市内の方は、良心的な価格で救助活動を支援してくださっている
当会の協力病院を紹介可能です。
飼い主探しやその後の里親募集に関しては、私が行います。


一刻を争っています
次回のアニマルエイドの救出頭数を増やすためにも
皆様方のご協力を心からお願い申し上げます




たくさんの方に知っていただきたいので、それぞれ一回クリックをよろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

里親募集強化の為、地域猫から猫ボランティア・保護活動へ一時移動いたします
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ショッピング支援
☆楽天






☆オリジナルTNR猫グッズ

T.N.R_10(バッグ)
T.N.R_7(缶バッジ)


「にゃぬ~ン王国」のゆさんがデザイン支援をしてくれました。
売り上げの一部が猫たちの治療・不妊手術に使用されます。



カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
検索フォーム
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
カーソルの周りをきらきら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。