スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河村たかし市長vs名古屋市議

リコール運動が始まった名古屋市。
市民税10%減税 議員定数・報酬半減
賛成!!!
仕事をする議員しか必要ではなく!
人数ではない!質向上し、やる気のある議員のみで市政の建て直しをすべきだと思う。
市政の建て直しが出来れば、給料はまた増やしても良しだと思うし・・・

名古屋に転入し、8年が過ぎた。
他から来た方々は、名古屋市政をどう感じているのか?
名古屋市議会議員や、市の職員たちは、1度聞いて見るといいと思う。

政治の事は分からない。けど、市民のための市政であるべきだと思う。
人や動物、環境にも心を通じて考え、対策を打ち出し、実践すべき!
覇気のない市役所職員たちを見ていると…市政の根本的改革は、必要だと感じている。

名古屋市の殺処分頭数軽減に関しての提案を数年間続けてきた私たち
行政は、徐々に対策を打ち出しているのだろうが
結果は、毎年ワースト一位、継続中!
手をこまねいているのが事実だと見ている。

結果に繋がらなければ、仕事をしていないのと同じ。
殺処分頭数軽減に、繋がる仕事を、関係職員は本当にしているのか?
一般企業に置き換えれば、
結果に繋がらなければ、仕事していない!=リストラが当然の世の流れ


余談だが、先日、初めて・・・
兼ねてから、猫が多いと噂の公園に行って見た。

500匹はいるだろう、捨てられた猫たち。
猫たちのご飯を狙うカラスの多さ。
「殺処分頭数が多い」のが一目瞭然。
道行く親子。ママが「猫ちゃんよ」と子供に。
あまりの数の多さに、子供は怖がって近づきもしなかった。
何だか・・・悲しかった凹
名古屋市の猫問題の様が、あっちこっちで垣間見える。

私は、猫の過酷な情況を通じて見るこの町は嫌いだ。
過酷な現実の中、生きている猫たちを知る私には
この都会が狂気の町にさえ見え、心ある人間がいるのか!?と悲観的な考えに陥る
名古屋に生存する飼い主のいない猫たちは、
日本一、哀れに感じ・・・怒りがこみ上げて、活動を進めている。

名古屋の象徴とも言えるこの巨大な公園内の現実・・・
市議会議員や、市の職員の方々は、この現実を問題視していないのか?
「動物の遺棄虐待は、犯罪です」環境省のポスター一枚も掲示されていない!
読者からの情報では、出入り口と園内数箇所に掲示しているとの事。
私が気づかなかっただけらしい。失礼致しました

広い啓発は、行政が行わなければ、一般市民ボランティアのみでは行き届かない。
心ある市政である事を強く願いながら・・・
怒りに震えながら、悲しい。何とも言えない感情のまま・・・公園を後にした。


市政として、市の職員として、市議会議員として、
この現実を自らの恥だと感じないのだろうか?
この現場に立ち、何とも思わない人間に、
小さな罪のない命にも手を差し伸べてあげれない。
心無い人に、市政は任せたくもない。
行政に席を置く人間であって欲しくもない。

数年取り組めば、現状は改善するのに・・・
なぜ?猫問題を社会問題とし、道徳的な解決策を見出せずにいるのかも理解できない。


先日、名古屋市の担当職員の方々と面談した。
私のブログを見ているという。

行政に対して、批判的な言葉を読むと、「やる気を無くす」という言葉を聞いた。
内心、「一般市民に甘えるのもいい加減にして欲しい。」と思ったが
社交辞令で、「取り下げて欲しい文章を指摘ください」と返事した。
「甘えるな」と内心は腹が立っていた。

言葉で上手く表現できないけど・・・脱力感を感じたのはこっちの方。
彼らとの会合は、以後必要ないと思うほど、馬鹿馬鹿しさに嫌気さえさした。

会員たちや、同じ活動者に、その話をしたら、一様に
「何で?そんな事言ったの?自分たちが仕事してないから言われるのが分かってるのかしら?」
「やる気を無くす?何それ?勘違いも大概にして欲しいよね」
「色々言われるのが嫌なら、言われないようにきちんと事を納めろ!と言ってやったら」

仕事とは何かをも、恐らく分かっていないのだろう。
結果を残す。それが仕事だ!!
言われてやる気を無くするのなら、とっとと!辞職願いたい。

今の経済状況において、一般企業の職員たちは、血と汗を流している。
税金を給料としている方々は、それ以上の血と汗を流すべきだ!と思う。
市政市議議員も、市の職員こそ、そうすべき立場の職業だと思う。
市の職員も篩いにかければいいのに・・・と思う。
彼らと話し合いをしても・・・事は一向に改善には向かわないのも分かった。
途中で討論する気もなくなり、和気藹々のノー天気な私で、その場を去った。

天白区の職員の方が、解決しようと言う意気込みを感じる。
県の職員との知識のさは、いったい何なんだろう?
市役所の人たちは、何で?あ~覇気がないのだろうか?
何だか・・・もう以後関わらなくても結構ですという思いで市役所を後にした。
この文を読み、彼らはまた、私に嫌気が指すのだろう。笑
もう関わろうと言う気持ちも、私にはない。


帰り道・・・
過去、沢山の市議会議員に、猫問題は社会問題だと訴え、協力を求めてきたが・・・
猫の問題を通じて、知り得た市議会議員さんと会談し、
本当に名古屋市の市政を考え、議員になったのか?と疑問のみが残り、
スッキリしないまま、その場を後にした。
あの時と同じ感じを受けた訪問に感じた。

私の知る議員さんも市の職員も、何と言うか…託せない。方が多い。
もちろん、そうでない方もいるのだけど…

議員さんにファックスや手紙を送っても、無しのつぶて。
面談をしても、自らの力を誇示し、協力しますと言いながら…連絡はなく、軽くあしらわれる。
その議員さんが、河村さんをブログで叩いていた

猫の問題解決に動くより、
自らの議員としての名誉の為、私利私欲に傾いていると思う方々が多くいると感じ
彼らに期待も何も持てずに、数年を過ごしてきた。
社会的注目を浴びる中
批判されて、受け止める度量のない市議会議員の方々の多い現実にも呆れる


河村さんは、パフォーマンスで損をしている部分を感じるが
市民の声を聞き、市民の立場になって、
市政の改革をはかろうとしてくれている。


行政に関わる方々は、ボランティア精神がないとダメだ!
と言いきった河村さんの言葉は、過去会って来た市議会議員にはない
潔い、信念を・・・私は感じた。
今より、良くなるのではないか?と、期待も持てた。

名古屋市に来て…
過去、誰と会っても感じ取れなかった何かを感じ取れたのが、河村さんだった。
私自身の感を信じて・・・今回のリコールの署名協力をしようと決めた。

このリコールは、ある意味・・・
過去、殺処分頭数軽減を成し遂げれずに、
ぬるい仕事をしてきた職員の起爆剤になるとも思っている。

これを機に、
猫問題に置いても、問題解決すべく、
知恵を働かせ、心とボランティア精神を持つ実行力を持つ職員改革もしていただき
他方面において、活気ある名古屋市政になる日を願い。
署名活動の協力を開始します。

未来は見えないけれど…今のままでは、未来はない。
猫たちのためにも、今を変えねば!

難しいことだろうけど…
この戦いにだけは、負けるわけには行かない


文責 清家
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ふくちゃんへ

こんばんは~12日おおぶ行き、宜しくお願いしますね。
名古屋市政は、もう放っておきましょう。言うだけ疲れて変えるのみ。無意味な時間です。
この数年要請を続けても何もしてくれやしないのだもの~言うだけ、疲れが増します。

豊田市や大府市の行政職員の方がやる気があるのなら、そちらと手を組むほうが事が早いよ~
12日楽しみにしています。

私も全く同感です。猫のプロジェクトを発足しましょう。と私たちの前で私たちの顔を見て言ってくれた河村さんを信じるしか、むやみに命を奪われてゆくモノ言えぬ人の勝手で処分される生き物を救ってやれないと思う。リリママの「成果を残さねば仕事をしている意味ない」はボランティアのみならず、自分の仕事も頑張ってこなすリリママを見ていると説得力があります。職員に歩合で仕事しなさいと言ったら皆最低給しか貰えないと思う。議員もきっとそうですね。
リコール運動がんばります。
ショッピング支援
☆楽天






☆オリジナルTNR猫グッズ

T.N.R_10(バッグ)
T.N.R_7(缶バッジ)


「にゃぬ~ン王国」のゆさんがデザイン支援をしてくれました。
売り上げの一部が猫たちの治療・不妊手術に使用されます。



カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
検索フォーム
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
カーソルの周りをきらきら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。