スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋市政の矛盾

りりママです

今年に入って、沢山のTNR会員さんが入会したCat paw club
TNR会員は、自費で自分のペースでTNR活動を進めてくれています。
当会の個人活動者のみだけではなく、
動物病院で、一般の方が捕獲器に入った猫を搬入するのを多く見かけるようになりましたし、
活動エリア内には、必ず個人活動者が数名いると言うことも苦情相談会などで知りました。
この数年間で、一気に増えてきていると実感しています。

同時に、捨てられた子猫を保護したり、殺処分寸前の犬猫を保護し、里親さまに縁を繋げる。
所謂、保護活動している方が増えたのは、里親募集サイトの頭数を見れば、一目瞭然
私が活動を始めた頃は、100以下だったと記憶しています。
また、自費でTNR活動しながら、ご自身で猫を見守っている個人活動者の方々も多く知っています。

こんなにも沢山の活動者がいるのに!なぜ?殺処分頭数は減らないのか?
不思議にさえ感じるほど、活動者は増加傾向にあります。



地域猫応援団Cat paw clubは、その名の通り。あくまでも会員が住むエリアにおいて、
TNR活動や地域猫活動を促進し、人と猫たちとの共生を望み活動を進めてきました。
そして、保護活動は、活動エリアで、捨てられた子猫や不妊手術が間に合わずに誕生した命を
会員の自宅にて保護しながら、里親さまへと縁を繫いでいます。
子猫のみでなく、すべての猫たちを、
飼い主のいない猫から、飼い主のいる猫へ…縁を繫いであげたい。思いもあります。
ですが、限られた予算内で効率よく殺処分頭数を軽減する方法を考え
TNR活動を促進し、地域猫活動を促進することに。


1匹のメス猫を不妊手術する=何十匹もの子猫の命を救う
→殺処分頭数軽減の近道と考えたからです。


年間5000匹近い命が、殺処分されています。
この頭数を軽減するには、どうしたらいいのか?を
私なりに考えて出した結論が地域猫活動の促進だったわけです。

保護をして、里親募集する。活動は、不妊手術をしなければ、永遠に続きます。
昨日、読売新聞に名古屋市の愛護センターが、殺処分する猫の軽減を目的として
一般市民へ一時預かり先を募集していました

皆さんは、この記事を読んでどう思いましたか?

犬の場合は、理解出来ます。
ですが、譲渡する犬もいない情況。
一般市民に頼らなければ軽減できない頭数ではありません。

猫の場合・・・単なるパフォーマンスだと私は思いました。
猫の回収がどういう風にされているか?を聞いて見たいです。
協力しようとする方は、必ず!聞くべきだと思います。
過去、一頭ずつのキャリーでの回収を要請した事がありますが、
実行してくれた上での事なのでしょうか?
麻袋にごちゃ混ぜに!物のように入れられて運ばれると聞きます。
何らかの病気に感染している猫が1匹いたとしたら?
同じ袋にいた健康な猫も感染する確率は高まります。

猫は病気の子が多いといい、殺処分センターへ運んでいるのが現状。
そうやって、今もごちゃ混ぜで回収されている猫たちを一般市民に?渡すのでしょうか?
きちんと感染経路を絶ち、その上で基本的な治療を全頭数に施して
そしてボランティアさんへ渡すのかどうか?を聞くべきだと思います。

愛護センターの方針が殺処分から譲渡へと考えを新たにしたのなら
集客し、各保健所から愛護センターへ運ぶ方法も、
一頭ずつの譲渡前提の搬送をするべきだと思います。

協力募集要領を見て・・・
ボランティアへの規定のみかかれていますが、愛護センター側の管理の面など、
一切かかれていませんし、パワーハラスメント&いかがわしい業者のように感じました。
この件は、8月12日に、担当職員の方々にアポ済みなので詳しく聞いてまいります。


行政の矛盾点の一例
Cat paw clubは、区役所の町づくり推進室から年間10万円の補助金を受けています。
が、一番使用したい猫たちの治療費への使用は認められません。
もらっておいて、意義を申すのも・・・どうかと思うかもしれませんが
この補助金の使用可能な項目を知ると、
名古屋市の飼い主のいない猫への取り組みが全くされていない事が良く分かります。

保護して里親募集する目的での、保護活動に使用する捕獲器の購入費用は、OK
TNR活動をするため=不妊手術目的においての捕獲器購入費は、助成金は使用不可です。
?????
里親に出す=猫を減らす=苦情が減る=街づくりへと繋がる。
それだけで良しと考えているのでしょうか?

猫の繁殖率も獣医出身の方も職員にいるであろうに、計算できないのかな~?と思うわけです。
不妊手術目的は駄目と…はっきり言う職員の言葉を聞いた時
こう言う職員のいる行政の発展はないと感じたし、そこに住む猫たちが哀れに思いました。
繁殖場じゃあるまいし!子猫を里親に出すのみでは、殺処分頭数軽減に繋がらない!と
分かっているのに?なぜ?TNR使用目的のための捕獲器の購入が認められないのか?
質問して返って来た回答は、「そういう決まりだから」だそうです。

追い討ちをかけるような、里親募集の協力市民募集記事
飼い主のいない猫たちが暮らす現場を誰よりも知る活動者たちは、協力する事はないと思います。
殺処分される現場のみを見れば、誰でも助けたくもなります
が、しかし・・・効率的に自費と時間を使うのなら、
そこに至る命を増やさないことの活動の方が
はるかに効率的であり、多くの命を助ける事に繋がると確信し、
またそれが、殺処分頭数の軽減に繋がると知っているからです。


分かりやすく説明すると・・・
水道管破裂したとします。
市民総出で、流れ出す水を拭いたり、排水溝へ導くように、災害から街を救おうとしますよね?
行政職員も一緒になって、作業するのも、これまた当然そうするでしょう。
ですが、行政職員が水道管の破裂の復興作業もせずに、作業をしていたとしたら?
市民は、骨折り損を感じないでしょうか?
水道の蛇口を〆ずに、床を拭いても、その作業は永遠に続くと言うことです。

名古屋市の猫問題への対応は、すべてが万事!この調子。
不妊手術をせずに、猫は減るのでしょうか?
里親に出す事が、街づくりに繋がると?
苦情軽減すると?思っているのでしょうか?
大きな勘違いです!!!!!


殺処分センターの犬猫を里親に出すという作業を一般の市民に頼るのか?
持ち込まれた命を、心ある一般市民に押し付けるだけ?
本質的な対策ではなく、単なるパフォーマンスのみの対策では?
一般市民に頼る前に!何か忘れてはいませんか?
持ち込まれる命を軽減する対策をした上で効果がある対策では?
「勘違いも程ほどにして欲しい」



動物愛護先進国同様に、まずは!不妊手術なのです。
猫の繁殖率に、里親募集のみの対応は追いつかない計算も出来ないのか?
この考えを!?未だに!?市民に啓発している行政の職員の方々の計算力のなさに凹

恐らく…いいえ、多分、彼らはもう分かっているのです。
波風立てずに、事を進めたい。そして、分かっていながら…仕事をする気がないのです。
殺処分頭数の軽減が自らの仕事だと、腹の底から分かっていないのです。

先日、知人のボランティア仲間が、「仕事する気がないのならやめたら?」
「一般企業なら、あなた方は既に首ですよ」と。職員に言ったそうです。
確かに、私たち納税者は、行政を一般企業に例えれば、行政職員からみれば、お客です。
一般企業が生き残るために、どれほどの客の要望に答え、
どれだけの時間をかけて、身体を酷使して、働き、
客のニーズに合わせて、売り上げを延ばす努力をしていることを考えれば
効率的に殺処分を軽減する近道が分かっているのにしない。のは、
仕事をする気がないと判断されて当然だと思いました。

税金は国民の義務であるならば、
国民の納めた税金の有効利用は、行政の義務ではないでしょうか?

税金は支払え、国民の要望は実現しない。
一般企業なら、客のニードを満たせない企業は倒産ですよね?
有能な職員のみで形成された市役所や区役所を作るためにも、
やる気のない職員は、正直…辞めて欲しいと、言った彼女に同感しました。


殺処分頭数の軽減は可能であると!
世界各所で、それは立証されてもいます。
また、そうすることが、税金の消費軽減にも繋がっている結果も立証されています。
なのに?なぜ?里親募集のみが優遇されるのか?
私には、全く!!!理解できません。


活動者の方々が、皆さん不妊手術をするTNR活動をしているわけでもありません。
里親譲渡に力を入れての活動は、それはそれで…
命を救っているのですから、有りなのですが
殺処分頭数軽減には至るより先に、猫の繁殖率が勝っている現状を把握し、
対応しなければ、全体の猫の命を救う活動には、広がらないと思うのです。

そういった意味で、
目の前の命に目を向けたのなら、全体の殺処分される猫たちにも目を向けてあげて欲しい。
目の前には猫はいません。1匹の猫だけです。
でも、1匹を不妊手術をする事で…何十倍もの猫の命を救う結果に繋がるのです。



捨て猫たちが住み暮らしている現場を知る私には、
愛護センターと言う名の殺処分センターへ、行く
猫の数=出産頭数を減らさなければ、
全体の殺処分頭数の軽減は実現は不可能だと断言できます。



Cat paw clubの年間TNR頭数は、減ること知らない現状凹ですが、
1箇所1箇所・・・地道にやっています。
会員の住むエリアではTNRも済み、地域の方々と協力して活動は継続しています。

私の住むエリアや、数年活動を続けている会員居住エリアには、もう殆ど猫はいません。
数年と言う時間をかけて、里親募集したり、人慣れしない猫は、
地域の方の裏庭でお世話していただける地域猫になっているからです。
殺処分センターへ運ぶ猫がいない環境を作ることが大切なのでは?

地域で見守られている猫以外の捨て猫も、近隣の方からの連絡ですぐに分かります。
地域住民が、どんな猫がいるのかを知り、見守ってくれているからこそ。です。
人の目が届けば、捨て猫の減少も見られ、遺棄もなくなります。
不妊手術をし、管理をし続ければ、猫たちは確実に減って行きます。

今、いる猫たちが終生を地域猫としての時間を過ごせる。
そんな柔らかな優しい場所で、人も猫も暮らしたいものです。
そう願いながら、活動を継続していますが
私は、飼い主のいない猫の活動を通じての街づくりは可能だと思っています。
ですが、一般市民である私たちの出来る事は、全体から見れば、些細なことです。

行政が動かない限り、多くの命は犠牲となっている事を分かっていながら
実行しない名古屋市政凹
飼い主のいない猫の活動を通じて、知り得た名古屋市政は・・・
私には、全く未来を感じない場所。
この街は、一体どうなって行くのでしょうか?






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まさに、10年前に比較すると、特に保護や譲渡に力を入れ始める個人が増ました。TNRについては?ですが。
7年前名古屋に来たとき70件の里親募集が今では450件。仔猫が昔ほど簡単に貰われないはずです。そのため安易に保護ができなくなってきています。
それでも処分頭数が減らないのはなぜか?
それ以上の速さで遺棄が繰り返されているのではとも思い始めました。
「水道の蛇口を〆ずに、床を拭いても、その作業は永遠に続く」と言うのは大正解。
やればやるほど喪失感を感じる。ボランティアさん、どんどんやってください。感謝してます。と職員が思っているとしたら、それが大間違い。自分たちの問題を問題として意識してないんでしょうね。
ショッピング支援
☆楽天






☆オリジナルTNR猫グッズ

T.N.R_10(バッグ)
T.N.R_7(缶バッジ)


「にゃぬ~ン王国」のゆさんがデザイン支援をしてくれました。
売り上げの一部が猫たちの治療・不妊手術に使用されます。



カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
検索フォーム
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
カーソルの周りをきらきら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。