スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物愛護センター訪問

8月10日 久しぶりに…
名古屋市の動物愛護センターをTENMADETODOKEの代表と当会員2名と訪問。

犬猫収容施設に関する質問と要望
ご存知のように「改正動物愛護法」では「何人も命ある動物を、苦しめることのないように
適切に取り扱うようにしなければならない」と明記されております。
かつて、狂犬病予防法を重視した施策の中で作られてきた行政の犬猫収容施設は
「改正動物愛護法」に適合しない施設が多く存在し、今も改善されぬままで使用されているために
収容された犬猫に激しい恐怖や苦痛を与えているというのが実情です。

法律に添って業務を展開すべき行政においては、自治体の犬猫収容施設が、
犬猫の恐怖心や苦痛、ストレスを最大限に軽減するよう配慮されてものであるべきは、
当然のことであると、私たちは考えます。

更に「動愛法」の見直しのための再改正には、前改正時における
衆参両議院での付帯決議においても、行政機関の犬猫収容施設は収容された犬猫が
新たな飼い主へ譲渡するまでの一時的な収容施設としての役割(シェルター)を担うべきと
施設の存在に厳しい指摘を示しました。

今後は、殺処分施設から一時保護施設への転換に向けて、
動物の福祉・生命尊重を重視する施設として、名古屋市犬管理所・愛護センター独自で
可能と思われる施設転換を早期実現して頂きたく質問と要望を致します。

・抑留施設の檻の中は、床より一段高くした休息寝床になるものを工夫して下さい。

・空調設備を要望して、設置して下さい。

・犬同士の咬傷事故が起きないように収容配慮をして下さい。

・猫を麻袋に入れないで、全てゲージに収容してください
度重なる恐怖心の中で殺されなければならないことを思うとき、暗澹たる気持ちに襲われます。
殺されなければならない猫でも、度重なる恐怖と苦痛は避けて下さい。
許容量を超えているのであれば啓発を重点においてください。

(猫問題は社会問題で猫の餌やりで次々と殺人事件まで起きています。)

引取りには、ガスによる致死処分で安楽死ではない事を説明して下さい。
HPには安楽死と謳っています

・愛護館のふれあい犬猫(内・外)は、早く譲渡して下さい。
愛護館では日々熱心に譲渡に取り組んでおられるそうですが、
管理棟から救命される犬、猫の判断或いは落す判断はどなたがされるのでしょうか?

外(通路)のケージに並べられた犬は中には入れられない犬であるとのことですが、
人を集めて躾教室をやることよりも、先ずは足元の犬に躾をして順次譲渡をしていくことが
日々熱心に。ということになりませんか? 
特定の犬猫を不自然な形でいつまでも置いておくこともしなくて済むとは思われませんか? 
「人と動物が共に幸せに暮らせる社会の実現に大切なもの」と言われるのであれば、
先ずは愛護センターがその見本になるべきではないでしょうか。
※愛護棟の触れ合い犬猫(内・外)は、早く家族の一員にすべしです、
あのような展示方法で長く置くのは虐待に近いのがお分かりではないのでしょうか?
(閉じ込められ、皆の目が集中し、触れ合いに出される、外では追い掛け回され、
犬にとってはいやなことばかり)猫との触れ合いも同様です。
 
・管理棟・愛護棟の全ての犬の朝夕の散歩を必ず実施して下さい。

・管理棟でまだ生きられる犬猫を殺している施設では、生存の機会を与える事に専念して下さい。

・日々現場で運動・活動する私たちの視点から見ると、
余分とも思えるイベント等を考える必要はないと思われます。
一定のレベルに達している飼い主を集め、同窓会、ダンスの披露のような目立つことをやるのは
不適切、不謹慎極まることで、特定団体の売名行為に加担しているとしか思えません。
地道に真面目に活動している私たちから見ますと差別とも取れます。

※猫の殺処分頭数軽減に真摯に取り組む姿勢を優先にすべきだと考えます。
殺すために税金が使われ、助けるためには個人負担が重くのしかかってくるのです。

以上
_____________________

 犬猫収容施設に関する要望書について(回答)

 平素は、本市の動物行政にご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
また、このたびは、貴重なご意見をいただき感謝いたします。
 当センターの抑留施設は、築24年を経過しており、施設の不備があることは認識してお
ります。当時は、現在と比べると抑留犬の収容頭数が3倍以上、引取犬の収容頭数が約20
倍であったため、それらに対応するために、犬舎が大きく、多数頭収容する構造になって
おります。
 現在は、犬につきましては、個々の性別、性格、年齢、大きさ、健康状態等を考慮して
可能な限り適正な環境で飼養するように努めております。今後は、ご意見をいただいたこ
とを契機に一層の適正飼養に努めるとともに、環境保全施設整備費補助金を視野に入れ
ながら、現状にあった収容施設に改築等をするように検討していきたいと考えています。

 猫につきましては、一部はケージでの収容を行っておりますが、すべてについてケージ
で取り扱うためには、収容スペースやケージの消毒管理等の問題点を解決する必要があり、
今後の課題と考えています。

 犬猫の致死処分につきましては、国の基準に従って実施しておりますので、やむを得ず
引き取らなければならないと判断した場合には、その旨を説明しております。

 愛護館では、日々、犬猫の譲渡に熱心に取り組んでおります。今後とも、1頭でも多く
の命の救済のために努力してまいります。
 愛護事業といたしましては、譲渡以外に、犬猫のふれあい教室、動物愛護教室、犬
のしつけ方教室等を行っておりますが、これらの事業は、人と動物が共に幸せに暮らせる
社会を実現するために大切なものと考えております。
また、これらの事業で活用する事業 
犬(愛護館のふれあい犬)につきましては、職員が愛情を注ぎ、信頼関係を築くとともに、
散歩を行うなどの日常の管理をさらに徹底しますので、ご理解をお願いします。
 今後とも、当センターの動物愛護管理行政にご意見とご協力をお願いします。
                               名古屋市動物愛護センター所長 
                    
_____________________

そして、この回答を持って、8月31日に再度、TENMADETODOKE代表と2人で訪問。

検討します、努めますという曖昧な回答では私共が納得できないのはご承知のことと思います。
センター自身で変革できること、所長さんの判断で改善できることを申し述べておるつもりです。
また、愛護館の改善とは理解ある人を対象に経費や労力を使って楽しいことをしている場合ではなく、
深刻な問題、情報を市民に提供して、市民レベルで解決策を考えていく深刻さが必要だと思います。
生命尊重・動物の福祉・捨て猫問題等です。

ワーキングドッグ(作業、使役)、サービスドッグ(介助)、とは
人間のために犬を利用する人間のための福祉であってジャンルが違うことです。
ドッグレクレーション(娯楽)も殺される施設には相応しくないことです。
楽しい行事に重点を置き、
本来の解決すべき殺処分頭数削減への取り組みが欠如している結果として、
猫殺処分頭数が日本一に繋がっていると考えます。


我々ボランティアへの理解度は著しく欠如しています。
好きで勝手にやっているくらいにしか思われてないようで
使い分けをしながら利用はされておりますのが現況です。
どうぞ世間の何が問題で、罪の無い子たちが殺されなければならないのかを第一に!
考えてはいただけないでしょうか。

以上。
_____________________

長い文章ですが、最後まで読んで下さってありがとうございます。
私たちが愛護センターを訪問し、
何を感じ・・・何に憤りを感じ、要請を続けているのか?を知って頂きたいと思いました。

確かに、職員の方々もそれぞれの立場で懸命にやれる事をやってくださっているのでしょう。
ですが、一定レベルに達した人たちを集めての、ドックダンスを、
愛護センターが飼い主に紹介する意味が分かりません
そんなことをやっとる場合か
同じ敷地内で・・・処分を待つ犬猫がいると言う背景を考えると、いたたまれない気持ちになります。
先に市役所にも同じ内容を含む要請文書を提出しています。

所長は、真摯に耳を傾けて聞いて下さいました。
職員一同、懸命にやっていますと言ってもいました。
「分かりました。そうなのでしょう。
でも、なぜ?愛知県の殺処分頭数がなぜ?未だに全国1位なのでしょう?
そこに目を向けて、今後の対策をして欲しいのです。
遺棄や殺処分頭数を少しでも少なくする行政の姿勢を期待します」と告げた。

現場を知る私たちが、私たちの視線で行政に訴えることが大切だと思います。
ボランティアや心ある支援者が活動資金を捻出し、体力限界の保護を続け、
精神をすり減らした譲渡を続け、終わりのない頭数のTNR活動を続けている現実を。
行政とボランティアと市民が一体となり、遺棄や殺処分頭数を減らす協力を



ランキングに参加しています。
それぞれ一回クリックお願いします!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

さんまさんへ

こんにちは、りりママです。
> 愛知県が殺処分No.1なのは、何も愛護団体のせいではないのでは?と思います。
この愛護団体のせいと断定した文言を私が書いたのかと疑問に思いましたが・・・
決め付けているのではないことを先にお伝えしておきますね。

> ペットショップで犬や猫を購入する人が多い愛知県。
> ペットショップの売上は国内でも高いと聞きます。
> それだけに、設備・職員の意識・対応・運営方法は他の県よりも良質であること求められると思いますが「殺処分No.1」という汚名は私達に責任があり、恥ずべきは自分を含めペットの命に無関心な愛知県民なのではないでしょうか。

動物が好きな方は多い県でありながら、殺処分頭数ワースト一位と言う汚名の現実。
仰るペット業会の販売ルートや繁殖の問題ももちろん、住民のモラルの低さもあるでしょう。
様々な方向で、様々な問題があるのだと思います。

住民が犬猫の問題や殺処分頭数の多さを知り、
自分たちの住む社会の問題として捉えてくれることが一番の突破口だと思います。
他人事ではなく、殺処分には税金が使われているという事実。
そして、殺処分される犬猫たちは、人が葬った命だと言う事実。
そこから、何かが見えてくるのではないかと思います。
私たちの啓発活動は、そうした事実を皆さんに知っていただく事から。と思い活動を進めています。
沢山の人たちが、人としての有り方(モラルを含め)を考えてくれるといいと思います。



拝見しました

愛知県が殺処分No.1なのは、何も愛護団体のせいではないのでは?と思います。

ペットショップで犬や猫を購入する人が多い愛知県。
ペットショップの売上は国内でも高いと聞きます。

それだけに、設備・職員の意識・対応・運営方法は他の県よりも良質であること求められると思いますが「殺処分No.1」という汚名は私達に責任があり、恥ずべきは自分を含めペットの命に無関心な愛知県民なのではないでしょうか。

Re: さちさんへ

さちさん、コメントありがとうございます。

> ほんとにまだまだひどい状況が行政の動物愛護管理の実態ですね。
> これは、「組織」の問題が大きいところがあるかと思います。
組織の問題・・・私たち一般市民から見れば、途方もない大きな壁です。
動物問題を通して、垣間見た行政体質の問題の件・・・

職員の中にも、真摯に耳を傾けて理解を示してくれる方も多くなって来ました、
が、組織の中の壁もあるようで・・・
一職員を上司が聞き入れないと、そこで物事が進まないことも多いようです。

自分たちに都合の良いように物事を解釈したり、もみ消したり、適当に扱ったり
公務員と言う自分の立ち位置を理解し、ちゃんと仕事をしようとする方の芽をつぶさないよう!
怠慢な考えの職員の意識改革も含めて、市長さんに指導を入れて頂きたいところです。
政治の世界同様、行政も一般市民の先駆者となって、社会を良い方向へ導くべきはずです。
私なりに、自分が見た事を…思い切って、市長宛にご意見申し上げて見ようと思います。

私たちが安心して暮らしていける社会=遺棄や虐待のない社会
飼い主のいない猫たちが教えてくれたその視点の先に見える問題は、限りなく広く深い。
いろいろ考えさせられます。
貴重な意見をありがとうございます。


> まず、職員は男性が多い。上層部は転勤のあるエリート組で、現場で
> 殺処分を行う職員さんは転勤の無い自治体もあります。
> 元公務員だった私が感じるのは、動物行政のみならず、公務員の
> 男性の多くが「仕方が無い」で片付けるといった、業務推進力の弱さが多く身受けられます。また、午後5時の終業に帰れるようにするにはどうしらいいかを念頭に仕事をしている公務員も多くいます。
>
> 前例を変える事は仕事が増える。そうすると、忙しくなってしまうじゃないか?といった事を本気で思っている幼稚な考えの公務員を同僚としてたくさん見てきました。
>
> 彼らを変えていくには思い込んでいる事、物事や命の事を汲み取る力が欠如している事をどう気づかせるかなんですが・・・ひどい自治体は、収容猫のうち病死の猫は情報公開して、健康な猫は意図的に情報公開しないという、譲渡作業を減らす仕組みを職員が独自に考えだし、法律を無視して行っていたケースがありました。
>
> 私も行政に働きかけを行っていますが、彼らの組織が機能していない事、上司の部下指示能力の欠如、早く仕事を終わらせたいがための隠蔽や情報操作に驚くばかりです。
>
> ひとつひとつ彼らに気づきをもたらして下さるご活動に敬意と感謝を
> 申し上げます。

はじめまして。
ご活動本当におつかれさまです。愛護団体や市民がこれまで
いろんな声を上げてこられて、若干は前進した部分もありますが、
ほんとにまだまだひどい状況が行政の動物愛護管理の実態ですね。

これは、「組織」の問題が大きいところがあるかと思います。
まず、職員は男性が多い。上層部は転勤のあるエリート組で、現場で
殺処分を行う職員さんは転勤の無い自治体もあります。

元公務員だった私が感じるのは、動物行政のみならず、公務員の
男性の多くが「仕方が無い」で片付けるといった、業務推進力の弱さが多く身受けられます。また、午後5時の終業に帰れるようにするにはどうしらいいかを念頭に仕事をしている公務員も多くいます。

前例を変える事は仕事が増える。そうすると、忙しくなってしまうじゃないか?といった事を本気で思っている幼稚な考えの公務員を同僚としてたくさん見てきました。

彼らを変えていくには思い込んでいる事、物事や命の事を汲み取る力が欠如している事をどう気づかせるかなんですが・・・ひどい自治体は、収容猫のうち病死の猫は情報公開して、健康な猫は意図的に情報公開しないという、譲渡作業を減らす仕組みを職員が独自に考えだし、法律を無視して行っていたケースがありました。

私も行政に働きかけを行っていますが、彼らの組織が機能していない事、上司の部下指示能力の欠如、早く仕事を終わらせたいがための隠蔽や情報操作に驚くばかりです。

ひとつひとつ彼らに気づきをもたらして下さるご活動に敬意と感謝を
申し上げます。



トモニャンさんへ

おはようございます。

全く!!同感です。
目の前の仕事しかしない職員が多すぎます!
私たち活動者も目の前にいる猫たちを救うことで日々の活動は手いっぱいですが
行政への要請や啓発を進めなければ、今の状態は永遠と続くし凹
本来行政がすべき事を、私たちがしている!と言う現実に行政は甘えているのです。
啓発においても1番有効なのは、行政自らが進めていく事!
数年前より、少しずつ理解を示してくれる職員も多くはなって来ていますが
最悪の方も多いです。

一般市民への啓発を進め、行政に署名を持っての要請を来年度は進めていくつもり。
またその際にはご協力をお願いします。

私も名古屋市長にお手紙を書いても 市長には届きません。市役所の方が言っていました。
全国殺処分NO.1なんて 本当に恥ずかしい。
愛知県が 毎年毎年事故死者数NO.1なのと同じだと思います。あんなに素晴らしい愛 地球博が出来た愛知県なのに 来年世界中が注目しているCOOPを名古屋で実現させるのに 本当に東京や大阪よりも10,y遅れている。
市長は 命をどう考えているのか 動物愛護の立候補者を当選させていない市民の意識レベルの薄さにも憤りを感じます。
名古屋市の愛護センターの実情は 譲渡はほんの一握り。米粒くらいです。
くださいという里親さんは沢山います。
譲渡に出す猫が少なすぎて 倍率10倍だそうです。
何故 譲渡に愛護センターは出さないか  それは 愛護センターにもし噛み付いたとか苦情がきたら 信用を失うからだそうです。
職員の皆さんが言っていました。
職員さんや 市役所の動物関係の方々は こういうボランティアの声を読んでいないでしょ?
私は お役所や警察なんてこんなものという気持ちを持っています。
殺される動物の身なんて 動物の命なんて全く考えてない。
どこの公園も猫に餌をやるなの看板だらけです。東区の某公園なんて 小さな公園に 猫に餌をやるなとか名古屋市が文句ともとれる看板が20本ほどよくあんなに立てるなぁと思うほど 哀しい現状だらけです。毎日餌やりをしてくださっている餌やりさんも 私達あらゆる活動をして努力を重ねているボランティアの皆さんの事も解ろうとしなしい 所詮お役所はお客様状態なんです。
人は平気で動物を虐待死もさせるし 恐ろしい存在も多く 動物を守るのはこんな行政の状態では 心配が募るばかりです。
名古屋市は 愛知県は本当に気持ちが対策が遅れている。本当に恥ずかしい事だと思います。

Re: 愛護センター

日々の活動、ご苦労様です。
> 小学生への啓発は本当に必須だと常々感じています。
> 処分センターや保健所が現場を知っている動物愛護推進員を連れて
> 啓発に行けばいいと思います。

同感です。
ポスターの送付、大変でしょうけど、頑張って下さい。


> でもいつのことやら。。

愛護センター

小学生への啓発は本当に必須だと常々感じています。
現場で高齢者相手に説明をするよりよっぽど理解が早いので
楽です。長年TNRをやっている友達も同じこと言っていました。
処分センターや保健所が現場を知っている動物愛護推進員を連れて
啓発に行けばいいと思います。
でもいつのことやら。。
ショッピング支援
☆楽天






☆オリジナルTNR猫グッズ

T.N.R_10(バッグ)
T.N.R_7(缶バッジ)


「にゃぬ~ン王国」のゆさんがデザイン支援をしてくれました。
売り上げの一部が猫たちの治療・不妊手術に使用されます。



カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
検索フォーム
カテゴリ
地域ねこ応援団Cat paw clubについて (405)
寄付について (4)
支援物資をありがとう (31)
問い合わせ前にご覧下さい (1)
トピックス&スケジュール (95)
『ねこのお見合い会』開催情報 (47)
里親様募集中の猫 (35)
譲渡までの流れ (2)
過去の募集猫 (65)
りりママ家の保護猫たち (120)
幸せになった犬猫たち (217)
正式譲渡決定 (4)
緊急!HELP (72)
その後… (10)
活動日記 (272)
TNR活動&地域猫活動 (88)
さくら日記 (35)
天白区地域猫活動 (18)
瑞穂区地域猫活動 (25)
昭和区地域猫活動 (4)
千種区地域猫活動 (7)
被災地・福島での活動報告 (52)
福島・保護猫 (24)
福島・保護犬 (6)
守山猫緊急レスキュー (15)
愛知・地域ねこ応援団 (5)
りりママのつぶやき (28)
守山・コンテナ犬 (3)
長久手飼育崩壊宅への支援活動 (32)
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
カーソルの周りをきらきら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。