スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

eica地域猫活動レポート12/3

天白保健所との面談報告

Cat paw club U地区  eica

日時     12月3日(水)  15時~16時20分
場所     天白区天白保健所 生活環境課  会議室
面談者    生活環境課  課長
提出資料   ・U地区活動 repots (Word)
        ・地域猫の説明資料(Cat paw club) 
        ・ポスティング資料(Cat paw club)活動報告 
                  作成が間に合わず、後日郵送した


1.天白区役所の構成

2.野良猫対策への考え方
1)昔、名古屋獣医師会へ
「飼い主のいない猫の不妊・去勢治療費を、飼い猫と区別した実費に近い価格にする」
よう働きかけてきたが、強固な反対により却下された。

2)現在の状況を名古屋市役所へ問い合わせると、
「不妊・去勢治療費の区別化」を進めているとの回答があった。

3)殺処分数を減らすため、動物愛護センターでは成犬譲渡などを含め、
処分日をできるだけのばして対応している。
だが、大人の猫はなかなか里親が出てこない。

4)名古屋の財務局へ、猫の不妊・去勢治療費の補助について陳情すると、
「犬は狂犬病の注射、登録などによる収入があるが、猫にはない。
収入源のない猫への補助金を出すことはできない」という回答になる。
これを正すには、市会議員から質問・追及をしてもらうことが一番効果的だと思う。

5)役所をボランティア団体はもっと利用するといい。意見や希望を出してください。

6)役所は、確かに反応が遅い。
それは、アイディアなどの実現には上への根回しが必要になるため。
段取りを踏めば、市政の上位者にも会うことができる。

3.地域猫活動をどう啓蒙するか
1)天白区 O学区の例(トップダウン -- 実現に時間を要し、難しい)
①学区長に、保健所からの説明会実施をお願いする
②学区長の了解がとれたら、保険委員のO学区の長にお願いする
③了解があれば、O学区の月例町内会にて、説明時間をとれる
④O学区には、15の町内会がある(15名の自治会長)

2)U町周辺の例(近隣から開始できる)
①U町4丁目、5丁目、3丁目あたりの町内会長への連絡から始める。
②その各町内会長に集まってもらい、保健所から説明を行う。
③反対者が必ず出るため、地道な努力が必要。(活動している現場を見にきてもらう)

4.猫の殺処分数を減らせるのか?
1)現行の、不妊・去勢の補助金配布、愛護センターでの譲渡会では、行き詰っている。
2)「地域猫活動」を行う意義は大きい。
3)天白区長に、保健所の姿勢を問われたため、「地域猫活動を推進していく」と答えた。
4)名古屋市として、殺処分対策を提言している以上、区役所、保健所もそれに従う。
5)「地域猫活動」の実践として、掃除などがキレイにされている公園を見てもらうのがよいが、
猫を捨てられるリスクもあるため、チラシには、地名を入れないほうがよい。

5.お願いしたことなど
1)活動している場所では、猫の飲み水入れを捨てられたり、壊されたり、
掃除用のホウキを盗まれたり、という被害を受けている。
◆反対者はこれからも出てくるはずだが、妨害されるのはひどすぎる。
◆妨害をしないで、見守っていてください ・・・という対応を続けるしかない。
◆とくに反対を唱える町内会長には、活動実施公園での実践を見てもらう。
◆保健所課長自身が、「活動実施公園」を見て、掃除の実践を納得したため
「地域猫活動」への働きかけを決心した・・・という経緯がある。
◆前述と重複するが、実在の地名は、チラシにはいれず、
口頭で、直接会ったときに話したほうが、「捨て猫」の被害を抑えることができる。

天白警察署ホームページ
「動物虐待は犯罪です」
http://www.pref.aichi.jp/police/safety/other/dou_gyaku.html

2)町内会の回覧で、「地域猫活動」についてのチラシを入れることは可能か?
◆名古屋市の方針として、回覧板の書類を極力減らすことになっており、
「なごや広報」や各区の「区役所たより?」に、載せるようにしている。
◆まず、町内会長の了解と協力を得るため、説明が必要。
◆町内会長が了解すれば、回覧板として「地域猫活動」のチラシや、
Cat paw club のチラシに「編集 or 監修 天白保健所」と付記したものを、回すことができる。


6.今後について
保健所から、植田山地区の近隣町内会長へ、
「地域猫活動」の説明会について打診を行い、了解が取れれば、説明会を開く。
一つの町内のみであっても、保健所は説明に出向く。
さらに、O学区の月例町内会での大規模説明会については、時間をかけて根回ししてみる。
「地域猫活動」の実践現場として、「活動実施公園」の環境を維持していくべき。
あわてず、あせらず、あきらめず!!

以上


りりママです
先の保健所訪問後、抗議文を出し
静かに、その行く末を待ちながら・・・
えさやりさんの協力を得て、eicaさんとTNR活動を進めていた

謝罪文を受け取り、
その後、課長さん自らを中心に、保健所の協力を約束していただいている。
理解してくれる方が行政にいて、本当に良かった
いよいよ地域猫化への働きかけが始まろうとしています。

今後の保健所との話し合い、町内会への働きかけなどの活動そのものは、
地区の住民でもある、eicaさんに全面的に任せることになる。
eicaさんと私との二人三脚で進めていくわけだけど
公の場に、一般市民が参加し、自分の信念を貫くということは、パワーがいる事。
eicaさん、しなやかな姿勢で今後も宜しくお願いしますね

会員の皆さんが活動しやすいように
私も行政への働きかけを進めています
この件は、やっと!!!皆さんに報告できる目処が立ちました
この数ヶ月間・・・静かに活動してきた事が報われる第一歩を迎えます。
後日、ブログでお知らせいたします。





ランキングに参加しています。
それぞれ一回クリックお願いします!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ショッピング支援
☆楽天






☆オリジナルTNR猫グッズ

T.N.R_10(バッグ)
T.N.R_7(缶バッジ)


「にゃぬ~ン王国」のゆさんがデザイン支援をしてくれました。
売り上げの一部が猫たちの治療・不妊手術に使用されます。



カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
検索フォーム
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
カーソルの周りをきらきら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。