スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボランティアさんの怒り

昨晩から、あるテレビ放送を見て、
公園ボランティアさんたちから相談電話が後を立たない

この半年間、各自が「遺棄をさせない」意識で活動をしていたボランティアさんたち。
当初は、捕獲機も知らない餌やりのおばさんたち
でも、今では立派なボランティアさんへと成長していることも、今日話して感じた。

Cat paw clubを立ち上げ、支援金を募り、
当時の仲間たちと、公園猫たちを保護し、里親に出して来た。
今も、公園猫の数匹は、我が家にて保護しているが、
あれ依頼、1件の遺棄もなかった保護した場所が、
こともあろうにテレビで放映されてしまった

先日、駐車場に3匹の遺棄猫があったが、ボランティアさん自らが
「まだ子供だから、里親に出したい」
ここにいる猫を増やしてはいけないと、各自が努力を重ねてきた場所なのに

愛知県は、
平成18年度の愛知県(市政都市・中核都市を含む)のネコ殺処分数は日本一です。
そして、愛知県の管轄全域(中核都市を除く)と名古屋市の殺処分数がほぼ同数です。
愛知県の管轄地域とはとても広いので、
それと同数ということは名古屋市の殺処分数は凄い数


そんな町でボランティア活動をしている現場を放送する局も
放送局としてもマイナスの面を予測できなかったのは、
メディアとしてあっていいことなのか?


たとえ近郊の人にしか、分からない映像だとしても
活動をしている現場を放送するのは、ココに捨てて下さいと言っているようなものだ
事実、九州のさるこの庵においても破綻にまで追いやられる遺棄をされ
今も尚、その活動は続いている。


まだまだ愛知県は、猫に対して優しい町ではないのが現状なのに?
無責任すぎる映像に抗議すべきだと考えている。

取材受けた側からの場所の情報なのか?否かは現在確認中。
どれだけの努力とどれだけの資金とどれだけの悲しみ
あの地にあったことを知っているはず・・・
なのに?なぜ?

周囲を巻き込むマイナス面を予想できない立場でもないだろうに・・・?

Cat paw clubとしては、放送に関しては全く無関係であることを
今日問い合わせを頂いた方々に申し伝えると共に。
放送したテレビ局及び関係者に対して、関係書類、全てを添付して抗議書面を提出します。
事が起きてからでは、遅すぎる

今後、遺棄された現場を押さえ、「テレビで見て」という言葉が聞かれた場合、
遺棄に対する責任を取っていただく
テレビという巨大なメディア側が、
遺棄を手助けする事になるかもしれないと・・・思わなかったことの
重大性に気づくいていないのだろう
何年も苦労して、自費を使い、猫たちを守って来た方にしか分からないのだろう

Cat paw clubは、数ヶ月間の手伝いをしただけ・・・
10年間、公園にいる猫たちを守ってきたのは、
毎日、面倒を見ている公園のボランティアさんたちだ。

恐怖の映像にしか見えなかった
ボランティアさんたちの気持ちを局側は知るべき


FC2Blog Ranking

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

Cat paw clubの会員さんたちへ
いろんな意見が交換されましたが、
今は・・・今回の報道で、遺棄をされる猫たちがいないことを祈りましょう。
対策は、こちらで準備しておきます。

メディアに、ボランティアが関わることが、どれほど・・・危険なことか、
活動に従事している方々には、シカと受け止めていただきたいと思います。

命を守るため、自分の時間を削って活動しています。
沢山の命を救っても来ました。
でも、そんな自分を、驕ってはならないと考えます。
いい事をしているという過信が愚かな行動を時として、起こし
それがボランティア活動をしている人たち全体の足を引っ張っていることになるからです。

Cat paw clubだけで、この活動をしているのではない。こともシカと胸に刻んでください。
個人活動者、そして、団体、名古屋市には沢山のボランティアさんがいるのも事実です。
一人一人が活動しながら、各団体がそれぞれ活動しながら…
ひとつとなって、不幸な猫をそれぞれの方法で救う活動をしているのです。

また、先日も会員さんを通じて打診がありましたが、
Cat paw clubでは、メディアの取材は、お断りしています。
それはなぜなのか?を…会員一人一人が考えて見て下さい。

現場を知らなければ、地域猫活動は出来ません。
私たちの活動が周囲へ浸透するには、地道な現場での啓発しか・・・
今は、ないことを、シカと受け止めて…
みんなでこの輪を広げていきましょう

貴方たちの純真さとしなやかな知性とやる気に、期待しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ショッピング支援
☆楽天






☆オリジナルTNR猫グッズ

T.N.R_10(バッグ)
T.N.R_7(缶バッジ)


「にゃぬ~ン王国」のゆさんがデザイン支援をしてくれました。
売り上げの一部が猫たちの治療・不妊手術に使用されます。



カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
検索フォーム
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
カーソルの周りをきらきら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。