スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉桜基金のご紹介

当会へも、そして、私が代表を務める一般社団法人 愛知・地域ねこ応援団へも
多額の寄付をして下さった吉川様の事を紹介させていただきたいと思います。

まず、吉川様の寄付がきっかけで設立された、
石川県で活動されている「特定非営利活動法人猫の避妊と去勢の会 」の
玉桜基金」のことをご紹介させていただきます。

tamazakura_img.jpg

本基金は、石川県内にお住まいの方からご寄附を賜ったことにより設立されました。
この方が可愛がっておられた2匹の猫たち「玉緒ちゃん」と「桜ちゃん」から名付けられたもので、あらゆる地域で“野良猫”として生きていかなくてはならない境遇の猫たちを不憫に思い、また不幸に生まれてくる命を一匹でも減らしたいという、猫たちに対する温かいご意思を、より多くの方々に知って頂き、不幸の連鎖を止めるための基金なのです。

玉桜基金の目的
本基金は、飼い主のいない猫への「避妊去勢手術」である※TNR の普及を第一番の目的としています。
その猫一代限りの寿命を全うさせ、不幸な命をこれ以上増やさないことを目指した、当会の実施する「飼い主のいない猫対策事業」における年間活動のキャンペーン時に、避妊去勢手術の助成金として充てられます。

※ TNR とは
・Trap(トラップ) 捕獲器などで捕まえて
・Neuter(ニューター) 避妊去勢手術をして、
・Return(リターン) 元の場所に戻す。
の頭文字を取った用語で、世界で使用されています。

現在、各地域において個人的に活動されている方はいらっしゃいます。
しかし、地域の問題として解決するにはどうすれば良いのでしょうか。
排除するだけでは問題の解決には至りません。
人も猫も同じ命として優しく見守っていける街づくりを目指すため、
「地域猫活動って何?」ということを考えることから一緒に始めませんか。

また、「玉桜基金」の目的に賛同してくださる方々のご寄附による支援も随時受け付けております。 今後とも変わらぬご支援とご理解のほど宜しくお願い申し上げます。


吉川様は、名古屋市で事業を営んでいましたが、
数年前に、病に倒れ…現在は、石川県の故郷で暮らしています。

「あらゆる地域で“野良猫”として生きていかなくてはならない境遇の猫たちを不憫に思い、
また不幸に生まれてくる命を一匹でも減らしたいという、
猫たちに対する温かいご意思」の支援を継続して下さっている方です。

出会いは、数年前…
見ず知らずの私の活動をblogでご覧いただき、ご支援をいただいたのが始まりです。
その後、2013年5月21日に、名古屋に来た際に、初めてお会いできましたが
その際に、支援活動を始めたきっかけをお話くださいました。

凛とした気丈な方ですが、病を抱えています。
同級生と言う事もあり、フランクにお付き合いさせていただいています。
時に、私の夢にも登場し、
顔を見るまで、落ち着かないほど、気になって仕方ないときもあります。
「石川に行きます」と連絡をすると、「肺炎で入院してたの~」と、
私の胸騒ぎ時期と重なり、驚きもしました。

辛い症状が続くこともあるでしょうに・・・
猫たちへの支援をご自身の励みにもして下さっています。
活動や収支の報告の遅れを責めることもなく
私の体調不良への配慮もして下さる、お優しい方です。

そういう方だからこそ、
吉川様の支援金が、彼女の魂の塊のように思い、
真摯な思いで、支援金に向き合い、
彼女の思いを実現する活動である事を、常に意識しています。

玉桜基金と名付け、基金設立した、猫の避妊と去勢の会の方も、
支援者に真摯に向き合って活動されている方なのでしょう。
支援者様の思いをくみ取れる方なのですから…
吉川様の病状が悪化なく、穏やかに過ごされる日が続きますように…の願いを込め
「玉桜基金」石川県の猫たちへのご支援、私からも宜しくお願い致します。

そして、「玉桜基金」の手術費用助成キャンペーンを利用して
石川県の飼い主のいない猫たちへのTNR活動のご参加も宜しくお願い致します
不幸な猫がいなくなりますように…の思いを一つにし、活動始めて欲しいです。

愛知・地域ねこ応援団では、吉川様の他にも、病を機に、
「飼い主のいない猫たちの手術費用のみに使用ください」と
多額のご支援を下さった方がいます。

その際、その思いを受け、その方のお名前を付けてと提案しましたが、
名前は出さないでほしいという希望もあり、単純に「TNR基金」と言う
玉桜基金と比べますと、何とも可愛げのない名前の基金を設立させていただきました。

様々な、思いを持ってのご寄付やご支援があるからこそ、
1000匹を超える頭数の手術を施し、不幸な命を増やさない事が出来ました。

私自身も…病を抱えている身ですので
いつまで、猫たちへの応援の活動が出来るかは分かりません。
ですが、人生の終わりに
外の猫たちが暮らしやすい社会となっているよう…
リリース後の猫たちが穏やかに暮らせるように…
今後も、行動し続けたい。と思っています。

決算作業を行いながらの年の瀬…
「TNR基金」に、ご支援いただき、活動協力いただきました
皆様に、心からの感謝を申し上げます。



ランキングに参加しています。
動物の不幸を生み出しているのは、私たち人間ではないでしょうか?
一人でも多くの方が、遺棄や飼育崩壊、虐待、飼育放棄のない社会を
目指して下さいますように!。


にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
ショッピング支援
☆楽天






☆オリジナルTNR猫グッズ

T.N.R_10(バッグ)
T.N.R_7(缶バッジ)


「にゃぬ~ン王国」のゆさんがデザイン支援をしてくれました。
売り上げの一部が猫たちの治療・不妊手術に使用されます。



カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
検索フォーム
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
カーソルの周りをきらきら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。