スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつろな瞳の犬たち

大好きな青色の空が広がる朝
DSC00081.jpg

9月9日
出会ってしまった…
犬たちの瞳が…
頭から…離れない。

DSC00083.jpg
8月28日
 トモニャンから、Help連絡を受けていたが
 折しも守山猫のレスキューにかかったばかり。
 情報提供者と二人で、
 犬のことで動いているところに連絡をし協力を得れないか?
 今の私には何もお手伝いできない。そちらでお願いします。
 と伝えていた。 
 
 数件の団体にお願いしたが、難しい犬らしく難航しているとの事。
 1匹は、一時預かりをして下さる方がいて預かり宅へ行ったが
 この先、どうしていいか?分からない。と、再度の相談を受けてはいた。

 保健所、動物愛護管理センターは過去関わっていなかったのか?
 過去の経緯を聞き、行政協力してくれることはないか?
 何とか生かす道はないか?を問い合わせてみるようにと
 回答しただけに終わっていた。

DSC00077.jpg
守山猫の一時預かりも決定し、諸々がひと段落したので現場に行ってみた。
オスとメスに分けて入れているというコンテナ
鉄の壁の中に??犬が??
この夏このコンテナの中にいたのか

DSC00076.jpg

訪問時、犬たちの鳴き声はなく
解放された入口のところに姿がないのも不自然に思えた

DSC00075.jpg
中を覗いてみた



酷い

薄暗さに目が慣れた瞬間
犬たちの姿を目にした



DSC00078.jpg
言葉がない



なんもかもをあきらめてしまったような瞳
怯える表情



入口は解放されて飛び越えれば出れそうなのに
逃げる様子もなく
コンテナの中でうずくまって生きている犬たち



首輪は出来ないの?
散歩にも連れてけないの?
ずっと?閉じ込めたまま?
          答えはすべてYES
信じられない現実に、呆然とした。



人は、なんという罪深い生き物なのか…
なぜ?この子たちが、ここまで…される?
何の罪があって、ここにいるの?

心臓が痛かった。



今すぐ、抱きしめてあげたかった
けど、怖がると思ったから、直ぐに退散した。



福島の救出活動の時に見た
犬たちと同じ目をしている



IMG_2921.jpg

IMG_2923.jpg

トモニャンとIさんのお蔭で、これでもきれいになった。
何年も…
ゴミの上で過ごしていたらしい。

IMG_2916.jpg
IMG_2811.jpg
IMG_2816.jpg
IMG_2830.jpg
あきらめた瞳の彼らを救えるだろうか…凹

数年前、周辺自治会からの通報により、この現実は行政も把握していた。
不妊手術を施すお金がなかった飼い主は、捕獲できなかった数匹を残し、
殺処分を承諾したそう。
その時に、人になついていた捕獲しやすい犬から処分されたそうで…
経緯を聞いている途中で、腹が立ってきた。

今更だけれど…
動物ボランティアと連携し、助けるべきだったのでは?
残した犬たちの飼育指導は行ったのか
何年間も閉じ込めて飼育されていたのを知っていたのか?
なぜ?もっと早くに、ボランティアと協同しなかったのか?
行政に出来ないことはあるだろうが、なぜ人なれした犬を助けるなかったのか?
なぜ?ボランティア活動するものに託さなかったのか?
怒りが押し寄せて担当者に当たってしまった。

今後は、協力し合いましょう。といい…行政との話し合いは終わった。

数年前のこともあり、周囲から責められた事もあり、飼い主さんも辛い思いをしたよう
貧困という現実に、何も出来なかった飼い主。

トモニャンたちの説得で
それぞれの犬を可愛がってくれる方の元への心の準備も整ったよう。



場所は、またしても守山区
区画整理が行われ、立ち退きも迫っている場所。

今回は、預かり宅をお願いする前の段階から始めなければならない。
毎日通うことも、私には無理であり
連携して、日々、心を信じてもらうようにしていくしかない。



助けることが出来るのか?



自信がない。



近くのカフェで、朝食を摂りながら…
DSC00090.jpg
平和な景色のすぐ傍で…
そうやって、生きてくしかなかった犬たちを思うと
食事も喉を通らなかった。

触れない子たち



早々に里親さんは見つからない。



彼らにとっての我が家で、
少しずつ信頼関係を築いていくしかないだろう。



社会の片隅で、そうやって生きてきた犬たち



なんという世の中。
間違ってる

怒りと謝罪の思いが重なって…自分の中で、消化できずに過ごしている。
ごめんね・・・としか、今は言えない。自分に凹



青く、広がる空の下で
散歩をさせてあげたいな

犬のボランティア活動を行っている方々へ、
この子たちの救出へのご指導等、ご協力をお願い致します。


一匹のみ、一時預かりをしてくれる方がいて、現在そちらにいます。
可愛い顔をしてます
130912_1016~01

でも、心は閉ざしたまま…
背を向けたまま…
130906_1337~02



ランキングに参加しています。
FBのいいね~クリックも宜しくお願いします。



にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 緊急レスキュー
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

ショッピング支援
☆楽天






☆オリジナルTNR猫グッズ

T.N.R_10(バッグ)
T.N.R_7(缶バッジ)


「にゃぬ~ン王国」のゆさんがデザイン支援をしてくれました。
売り上げの一部が猫たちの治療・不妊手術に使用されます。



カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
検索フォーム
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
カーソルの周りをきらきら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。