スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あいこ♀ 逝く…

悲しいお知らせをしなければなりません。凹

あいこちゃん♀、3月3日に…息を引きとりました。
私がもう少し早く病気に気づいていたら…と、後悔もたくさんありますが
長い間、十分な治療を続けられたのも、被災地のねこたちへとご支援をいただいた皆様のお陰です。
ブログを通し、一緒に見守ってくださった皆様、本当にありがとうございました。

2月中旬から、貧血が酷くなり、薬も効かず、食事の量が極端に減ってきたあいこ…
AD缶や消化器サポート缶を水で溶き、強制的に口に流し込み、
毎朝、点滴をし、栄養剤を入れていましたが…2月末から、動けなくなり…オムツを。

3日の朝、いつもように、どきどきしながら「あいちゃん」と声をかけた時
珍しく、あいちゃんの傍に、添い寝するようにチョビがいました。

「大丈夫?」そう語りかけるように、あいこの顔を覗き込みながら、
「僕が傍にいてあげるから」と語るように…ずっと傍にいました。
2013030303.jpg

チョビは、あいこと同じ福島の双葉町から救出してきた猫です。
チョビの私に訴えるような様子を見て…あいこの死期が近いことは、私にも伝わってきました。
きっと…チョビには、あいこの残された時間が少ないことを分かり、傍にいたんだと思います。

2013030301.jpg

その日の午後…チョビ♂に見守られながら、
あいこは静かに眠ったまま、息を引き取りました。

2013030302.jpg

チョビ…ありがとう!君は優しいね…
あいこの分も長生きしようね。


追記)
3月11日
あの日から、2年が経過しました。

先日、福島猫・むっこが新しい家族に迎えていただき、
私が現在、管理している猫は10匹になりました。
健康な子は、シェルターに居るビビアン♀のみ。
他の子は、療養食でなければならない猫や定期的な治療の必要な子ばかり…

でも、彼らは、生きていて…
のんびり陽だまりを楽しみ、食に飢えることなく過ごせている分…
幸運だと思います。

被災猫の7匹を看取りましたが、あの地で…空腹と孤独な思いのまま逝かせずに…
看取れたから…と、自分自身で納得するしかないと思っています。

多くの人々や多くの動物たちが犠牲となった震災…
時間が止まったまま、はかり知れない心の深い部分で傷つきながらも
必死で前に進もうと頑張っている被災者にも多く出会いました。

事が大きすぎて、凡人である私には何も出来ないけれど…
救出してきた猫たちの命を愛しみ、幸せな時間を過ごさせてあげたいと思っています。



飼い主のいない猫問題解決としての活動を知っていただく為、ランキングに参加しています。
一日一回のクリック協力をよろしくお願いいたします



にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ショッピング支援
☆楽天






☆オリジナルTNR猫グッズ

T.N.R_10(バッグ)
T.N.R_7(缶バッジ)


「にゃぬ~ン王国」のゆさんがデザイン支援をしてくれました。
売り上げの一部が猫たちの治療・不妊手術に使用されます。



カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
検索フォーム
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
カーソルの周りをきらきら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。