FC2ブログ

経済崩壊家庭の50匹の猫との出会い

経済破綻によって、満足にご飯を食べれていない猫たちがいます。
家庭で不要になったフードなどありましたら、猫たちにご支援いただけないでしょうか。
協力いただける方は、メールフォームより、送り先住所の問い合わせをお願い致します。



19才の女の子から、
「12才の頃、2匹の猫を拾ってきて飼ったが、現在50匹にもなり、
経済的にも大変な状況であるが、少しずつ不妊手術をしたい。」という相談メールがあった。

   私は、こういう経済崩壊の相談を受けたことは、過去無かったし、
   飼い主のいる飼育猫の救済など、する余裕も無かった。
   だが、話を聞くと、未成年のこのお嬢さんに罪は無いように思い、
   愛知・地域ねこ応援団譲渡をすれば、どうにか解決できるのではないかと考え
   会員たちにメーリングで、その旨を伝え、異議なしということで
   愛知・地域ねこ応援団 & Cat paw clubとで、サポートすることにした。

まず
①出来ることを飼い主として実行する気があるかを確認したい
②未成年者なので、親御さんと話をしたい
ということを伝え、お会いすることに。

私が聞いた質問として
①母親に、なぜ?不妊手術をしなかったのか?を問うた。→沈黙

 最初の2匹を不妊手術していれば、今の苦労はないと伝え
 今回の経済的な崩壊に近い状況の飼育に至った原因は、両親にあることを伝えた。

②親の責務として、飼育者として、今後どのようなことが出来るか?→病院への搬送協力
 
 本来、飼い主としてしなければならないことは、伝えなかった。
 分かっているが、出来ない経済状況なのだから…言っても仕方ない。
 母親は、返す言葉が無いように、申し訳なさそうにしていた。
 お嬢さんは泣いていた。
 
 親子共に、分かっているが、どうにも出来ない経済状況だ。
 とこちらに伝わってきた。

②不妊手術実行の意思確認
 
 親子の話としては
 現在、数匹の手術を済ませているが、手術費用が高くてなかなか進まない。
 両親は、生活にいっぱいで、猫への手術費用が出せない。
 娘は、バイトをして猫を飼育しているが、餌も足りていないと思うし
 月に1匹手術出来るくらいの収入しかない。
  ↓
 飼い猫への不妊手術費用などの支援は不可能だけど、解決する方法はある。
 本来、飼い猫には協力価格は適応しない。
 協力病院に、今回の猫たちの支援として、飼い主のいない猫価格での手術を依頼してみるが
 協力いただいた場合、月に1匹ずつでも自分たちのお金で不妊手術が出来るか?どうか?
 ↓
 今は、前のバイトが終わったばかりで、今月は無理だけど。次のバイトがもうすぐ始めるので
 月に2万円位なら出せると思うので、2匹ずつでもやって行きたい。

③里親に出すかどうかの意思確認

 愛知・地域ねこ応援団の譲渡誓約書と譲渡の流れを説明。
 飼い猫の所有権を放棄し、
 この譲渡の方法での譲渡をすることへの承諾をいただければ、
 飼い主のいない猫として、格安にて手術が可能なことを伝えた。
 このまま全頭を飼育するか?人なれした健康な猫を里子に出すか?
 考えて、気持ちを聞かせて欲しい。
 ↓
 里親には出せる猫はいるが、ウィルス検査もしていないし、トイレの躾も出来ていない。
 ↓
 里親に出していいのなら、こちらで数匹ずつ預かり検査し、躾も可能です。
 ↓
「宜しくお願いします」
 
④飼育放棄すれば、所有権は私たちに移り、私たちの資金と責務で活動は可能だが
 自分たちでも自宅から、里親に出して欲しい。
 愛知・地域ねこ応援団の譲渡会に参加するには、会員入会が規則としてある。
 入会金は、後払いで良いが、入会の意思はあるか?どうかの確認。
 ↓
 自分たちでどうすることも出来ないので、入会したいサポートして欲しい。
 これを機に、色々学びたいです。と承諾。

⑤お嬢さんに、
大人たちに不妊手術の徹底の大切さを、
貴方の経験から、社会に伝える活動をして欲しいと最後に要望した。
私たち以上に、猫を飼う大変さや責務が伴うと言うことを経験しているのでは?
子供の貴方には分からなかったことが、今は見えているはずだし、分かっているはず
貴方にしかできない。ことだと思う。から…
社会に発することで、言葉にすることで、二度と同じことを繰り返さない大人へと成長して欲しい。

以上の話し合いを終えて、
不妊手術の費用が出来たら連絡をするようにお願いし、次の相談者との面談場所へ向かった。


いのちつないだワンニャン写真コンテスト



応援クリック宜しくお願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

スポンサーサイト



椛♀&ナミ♀ちゃん、マイクロチップ装着完了

正式譲渡していただいた2匹の被災猫。
4月28日 マイクロチップ装着を完了しました。
正式譲渡=お別れ…。です。

1匹目は、
3月30日から1ヶ月近いトライアル期間を経て
28日に正式譲渡していただいた被災猫・かなちゃん
見初めてくださった娘さんから「ナミ」という名前をプレゼント

DSC01528.jpg

まだまだ抱こうとすると逃げるらしいけど、「もう返せません」と迎えて下さった。
我が家に来て4ヶ月ほどで触れさせてくれ、私にはだいぶ心を開いてくれているから…
もう少し、時間をかけて下されば、スリスリする可愛いしぐさも見ていただけると思う。

そして、2匹目は、
4月7日から3週間のトライアルを経て、
28日に正式譲渡していただいた被災猫・椛ちゃん

DSC01682.jpg

ナミちゃん装着
DSC01688.jpg

椛ちゃん装着

DSC01683.jpg

ほんの一瞬の出来事~数秒で終わり、痛そうな様子も見られません。

様々な万が一のことから、身を守ってくれるマイクロチップ
愛知・地域ねこ応援団では、阪田理事の提案を受け、社員総会にて話し合いを。
満場一致後、細則条例決定し、
法人誓約書を使用する譲渡に関しては、マイクロチップ装着を義務付け。
正式譲渡が決まって、里親様と病院にて待ち合わせをし、装着見届けまでを活動としています。

DSC01684.jpg
飼い主さんと逸れ、保護され愛護センターに搬入されても、
マイクロチップが飼い主さんを即座に判明してくれ、飼い主さんの元へ返れます。

猫の「命を守れることはしよう」という思いを持った飼い主様との出会いを求め
少しでも大事にしてくださるご家族へ…と思い。
今後も私たちは、普及に努めて行きたいとも思っています。


ナミちゃんと椛ちゃんは、
福島で、飢えと寒さと異常な状況下の中…頑張って生きた子達です。
本当に運の強い2匹だと思います。

通常の活動で保護する猫とは、明らかに違うナーバスさを持っていた子達です。
心の傷が癒え、心の絆を家族と築けますよう…。
おまかせ出来るご家族だと信じてお渡ししています。

ご家族の皆様、二度と同じ思いをすることが無いように、命を守ってあげてください。
そして、可愛がってあげてくださいませ。
宜しくお願い致します。



いのちつないだワンニャン写真コンテスト



応援クリック宜しくお願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ショッピング支援
☆楽天






☆オリジナルTNR猫グッズ

T.N.R_10(バッグ)
T.N.R_7(缶バッジ)


「にゃぬ~ン王国」のゆさんがデザイン支援をしてくれました。
売り上げの一部が猫たちの治療・不妊手術に使用されます。



カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
検索フォーム
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
カーソルの周りをきらきら