FC2ブログ

めいちゃん・病院へ

さくらです
今日、めいちゃんを病院に連れて行きました

私の行きつけの病院は、実家の3猫たちも御用達です

若い獣医さんなのですが、ラブ(交通事故による骨盤骨折の手術)・
小梅(パルボ)を救ってくれた我が家の命の恩人さんなのです!!

ですから、めいちゃんももちろんご指名でその先生にお願いしています。

人間にかかりつけ医が必要なように、猫さんたちにも是非是非、かかりつけ医を
見つけてあげてほしいと思います。


めいちゃんの左目は・・・
縫い付けてある隙間から、少し見えている部分が素人の私が見た限り、
白くなっていたものがだいぶ綺麗になってきたような気がして・・・・

先生に診てもらいました

確かに隙間から見えている部分は、綺麗になってきているとのこと
ただし、傷がついていた部分は、今まだ見えていないので、
抜糸をして、見てみないとわからない・・・
とのこと

でも、りりママも仰っていたのですが、子猫の回復の能力は高いと
先生も同じことを仰っていました。


でも・・・なんだか、一歩前進したような気がします

しかも、ラブ同様、めいちゃんもとても人懐っこいので、先生にもゴロゴロ言ってました
先生も、とっても可愛い良い性格の猫さんですねって言ってくれました

待合室では、めいちゃんは(子猫のためか?)みんなの注目の的でした。
猫好きな方たちが、私の話を一生懸命聞いてくれました
三毛猫は最近はとっても少ないし、めいちゃんの靴下をはいたような
かわいい手足が大好評

なんだか、とっても嬉しくなりました

欲しいけど・・・うちは8匹いるの・・・
とか、4匹いるの・・・とか
言ってくださる方もみえました。

どの猫さんたちも、あんな優しいママさんたちに飼ってもらえて幸せです

猫嫌いな人もたくさんいるけど、好きな人もたくさんいるから、
頑張るぞ!!って思いました。


ありがとう~^^v
ありがとう~^^v
応援宜しく!


スポンサーサイト



地域猫活動への一歩

とても嬉しいことがあった
いつものことながら・・・前置きが長いのですが、
記録として残しておきたいのでご了承下さい。

おてんばたちが、名古屋に来て、初めて仲良くなった
お散歩友達のあんなちゃんのママさんから、10日ほど前に相談を受けた。

「子猫2匹を連れたお母さん猫が来て、不憫になってご飯をあげたんだけど…
どうしたら良い?」との、話だった。
お母さん猫の避妊子猫の里親募集を提案した。

ママさんは、とても優しい人で・・・
「自然の意に反して体に傷をつけるのが可愛そうでね」と言っていた。
避妊をしなければ、不幸な猫がまた増えるということ
母猫にとっても、食事のない日もある過酷な外猫生活において、
子猫の存在は、実際母猫には大変だと言う事実をお話させていただいた。

その後、お母さん猫の避妊を依頼された。
術後の保護場所の提供はもちろん
リターン後も裏庭で外猫として、面倒も見てくれるとの
ありがたいお返事をいただいた。
こうして、打ち合わせの後、捕獲準備のスタート

捕獲機が作動しないように、扉をあけたままでの食事スタート
親子は、全く警戒心もないようで、
捕獲機の中の食事を平らげているとのことだった

6月15日
お母さん猫と子猫一匹が同時に捕獲機に入ったとの連絡
一緒に、基本的な検査とワクチン接種へ

6月16日
残り1匹の子猫も捕獲に成功したとの連絡

6月17日
お母さん猫の避妊治療日
朝、お母さん猫をお迎えに行って、昨日保護した猫を見たら
???もしかして???疥癬
お母さん猫は、私が治療していただく病院へ搬送
その後、一緒に子猫2匹を連れて、疥癬治療へ
案の定・・・疥癬だった
2匹の子猫
10日に一度の注射による治療をします。
先に保護した猫は、症状はなかったけど、念のため一緒に治療を。
お母さん猫の手術も無事終わって、親子別々のサークル内で保護をしていただいた

お母さん猫です
まだ麻酔が残っているのかな?目が焦点が合っていませんね
TNR活動

お母さん猫は、2,3才だろうとのことで、初めてのお産ではないとのことだった。
お母さん猫は、以前(10ヶ月前)地域猫が住む公園に3匹の猫を連れた黒猫が現れて
私が捕獲に失敗し、その後…姿を消した黒猫にも似ているような気もするんだけど…
分からない???
子猫は、ふきこさんが譲渡してくれたんだけど・・・
あの時の黒猫だとしたら・・・心配をしていたので、嬉しいんだけど???

お母さん、お帰り~♪

6月18日
親子共々元気にしているとのご報告をいただいた
明日、子猫2匹のシャンプーへ出張します

避妊後は、リターン予定なので耳カットとピアスをしてもらいました。
裏庭のデッキで、まったり~ゆっくり~過ごせるのですから…
外猫として、地域猫として、過ごすことも十分可能です
お母さん猫に「帰っておいでね」と声をかけていた優しいママさんの声が
今も耳に残っています

今回の保護活動で、何が嬉しいかというと・・・
身近なお知り合いの方が、自ら動いてくれたことが、とても嬉しかったです。

初めての経験に戸惑いながらも、
一生懸命頑張ってくれて・・・ありがとうございました

ママさんから不妊治療費として10000円の支援をいただきました
ママさんのお友達からも、ワクチン代をと。3000円の支援をいただきました
子猫の治療費は、Cat paw clubの支援金を使わせていただきますので、ご了承くださいね。

TNR活動から地域猫活動へと発展する為には、
一般市民のモラルの向上
ボランティアのみに頼らずに
自らが参加しようとする気持ちがとても大切なのです。
私たちは、そういう一般市民と出会いたい
そして、リターン後安心して暮らせるように
地域猫活動へと導いて行きたいと思っています。

他にも、1件。
一宮市からも捕獲機の貸出し依頼が来ていました。
TNR後は、外猫として、一生面倒を見ますと。その方も仰っていました。
捕獲機を持っていく手配になっていましたが、
幸い近くで貸し出しをしてくれる方と出会い、
Catpawclubの手からは離れましたが、3匹の猫ちゃんたちも、もう安全です。

TNRという活動が
地域猫活動一般化する
第一歩だと考える私には
とても嬉しい出来事なのでした。



ありがとう~^^v
ありがとう~^^v
応援宜しく!



ショッピング支援
☆楽天






☆オリジナルTNR猫グッズ

T.N.R_10(バッグ)
T.N.R_7(缶バッジ)


「にゃぬ~ン王国」のゆさんがデザイン支援をしてくれました。
売り上げの一部が猫たちの治療・不妊手術に使用されます。



カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
検索フォーム
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
カーソルの周りをきらきら