FC2ブログ

シンデレラ猫

先の記事の続きです

あんぽんたんなじじいのアパート周辺にいる猫は、
先の疥癬完治したミケ猫の他にも、10匹近くいます

自宅周辺のみならず、
猫を見てはを道路に放り投げ、可愛がっているつもりのじじい
アパートの大家さんは、周辺の方からの苦情を元に、
「餌をやるな」と、注意を繰り替えしたのでしょう…怒る気持ちは分かります。
でも、「餌をやるなだけでは解決しないことを知る
メタボなふくちゃんは、この大家さんにも、TNR活動の協力を願い出たそうです。

「迷惑猫だ、勝手に捕まえてどこかに連れて行ってくれ」のみ
自分のアパートから猫がいなくなりすれば良いだけの考えの方

仮に、世の中の人が同じような考えの集りだとしたら…?
仮に、願い通り、そうしたとしても・・・
結果、どこかでまた同じことが繰り広げられ、
猫は、繁殖を繰り返し、やがては、散らばり…
また、アパート周辺にも猫が…と、言うことも分かっていないのです。

遠くへ捨てたとしても、また違う場所で同じことが繰り返されます。
住民の理解のない地域での、活動は
こうした住民の、その場だけの考えにより、苦労が絶えません。

昨年、12月末のこと。
じじいの住むアパート周辺に、この大家さんは、事もあろうに
アパート周辺に除草剤巻き
じじいと一騎打ちを繰り広げたそうです

あんぽんたんじじいの招いた現実に、たちが危険な目に
メタボなふくちゃんは、大急ぎで~捕獲保護を開始しました

近所の方の協力もあり、昨年12月に無事に保護された子猫
救出されて宮大工のお宅に♪
2ヶ月間の家猫修行後、
2月2日に、大きなお屋敷に里子に行ったシンデレラボーイ猫です

近く…このあんぽんたんなじじいは、引っ越すそうです。
猫たちは、どうなるのでしょう?
増やすだけ増やして、騒動を起こし、結果…取り残される猫たち
地域住民にいくらTNR活動を促しても
「お金がもったいない」「のら猫だから」と知らん顔

田舎ものの私からみれば、名古屋は大都会
名古屋のあちこちで、今日も「餌をやるな」と怒る人だけの人がいる…
には何の罪もないのにね

貴方の周りにも、その場だけの考えの方はいますか?
恥ずかしくはないのだろうか?先進国日本の一社会人として…

我が子に愛情を注ぎ、育て…社会に送り出す親たちである私達大人が
自分には関係ない?現実としてしか思っていないのだろうか?
のら猫?だから?のら犬だから

そういった親から育てられ…
同じような考えの子供達が、
これから増えると思うだけで…ぞっとする

私達大人が、嫌なものには蓋をする。考えだけでは、物事は解決しない
私達大人が、変わって行かなければ…
心ある子供たちは、育たないのではないだろうか?
豊かな心は、育たないのではないだろうか?と、思いながら…
人に住みよい街つくりの一環としての地域猫活動の成功を願っています。

今日は雪ご飯を食べに来なかった外猫達が気になります。
続きは、また後日。


頑張る仲間、メタボなふくちゃんに応援宜しくお願いします。
左のリンクから行けます。
リンクもお願いします。バナーです。
アイラの会



↓メタボなふくちゃんに↓応援よろしくおねがいします
ありがとう~^^v
ありがとう~^^v
↑↑↑↑

スポンサーサイト



メタボなふくちゃん

メタボなふくちゃんの活動を御紹介します。
きれいな方なのに、なぜか?独身嫁には行ったほうが良いよ!笑
市民ボランティア仲間で、アイラの会の代表を努めています。

2月16日の私も出席予定の瑞穂区の町内会との懇談会前に、
地域猫活動への発展を願い、活動の記事依頼をされていたが…
Cat paw clubのプログが精一杯で後回しにしていた私ごめんね

経緯を書くと…かなり、長くなるので
ボランティア活動から地域猫活動へ
なぜ?発展が必要だったのか?
また、地域猫活動とはなのか?を分かりやすく説明する為に、
2007年11月からの活動を抜粋して、数回に分けて紹介しようと思います。



メタボなふくちゃんの住む瑞穂区のある町内では、大通りから一歩入ると
昼間でも沢山ののら猫捨て猫たちが、います。

仕事休日の週末には、
保護活動の大切さを住民理解を得るために
啓蒙活動のチラシを個別に巻き、周辺のTNR活動をも続けています。

のら猫や捨て猫が多い地域の原因として、
いくつかの理由がありますが、
そのひとつに、
餌だけを与え、可愛がっているつもりの餌やりさんが数人いる事が多く
この地区も、例外ではありませんでした。

皆さまが良く目にする「ノラ猫に餌をあげないで下さい」と言う立て看板。
この件に関しては、後に記載しますが
その看板の立てられる原因にはなる餌やりさん方には、
私達ボランティア仲間も散々な目にあっています

一応、危害も加えないし、可愛がってもくれるし、
大好きなご飯をくれるのですから…
懐いても行きますし、お腹も満たされます。
でも、避妊も去勢もせずに、治療もしない
当然のことながら、毎年子供は生まれます
病気の猫が1匹いると、病気感染はあっという間に広がります。
ご飯だけ与えて…?可愛がっているとは言えないですよね

そんな…困った餌やりさんの周辺にいる猫たちを紹介します。

私がビックリした画像です
疥癬症状の猫
保護した当初のです

頭部だけが脱毛してしわがより、かさぶたになった
少し目付きの悪い猫を見かけて事がありませんか?
これが、猫の疥癬(かいせん)症です。犬においては全身に広がる病気です。

私も過去に治療した事はありますが、こんなに酷い子は、初めてです
触るのも…怖いほどの悲惨な症状のこのちゃんを、
心優しいメタボなふくちゃんは、トラップで保護し、
自分の車の中で、食事を与えて治療してあげたそうです。
今は良い薬があり、数回の投薬治る病気です。

治療後
可愛い♪
少し目やには残っていますが、こすっても取れない模様だそうです
2週間の治療で治ったそうですきれいになりましたね

「わずかな治療費で、少し骨を折ってあげれば治るのよ~」と
メタボなふくちゃんは言います。
餌付けさえ自由にできれば里子にも出せる美人猫ちゃん
でも、近所の理解が薄い地区です。

現在、彼女は個人活動において
餌のみを与える住民の周辺猫達をトラップで捕獲保護し
里子に出せる子は、里子にも出しています。

餌のみ与える本人とも、数回の話し合いをしました。
TNR治療の勧めをしましたが
金銭的に余裕がないからと、残念なことに貸す耳を持ちません。
「子猫だけは残しておいてくれ~」とおかしなことを言う始末

そして、さらに不幸なことに
あんぽんたんじじいの周辺に
猫を捨てていく人も多いと言うのです

人は同じような人間が結束すると…昔母が言っていたのを思い出しましたが
けしからん人間が寄り集まって…
のら猫や捨て猫は、人が作り出した言葉
心無い社会人としての常識に欠ける人がした
行動
の、結果なのです

この地区には、こうしたあんぽんたんな住民が数名います
車から猫を放り出し捨てて行く非常識
あんぽんたん後を絶ちません

結果
のら猫通りと呼ばれている通りになったのです。

書きながら・・・怒りが込み上げて興奮し疲れました
続きは、また数時間後に。ふぅ


↓早く!書いてしまえ~!と、↓お疲れな私に、気合のポチッを宜しく!

ありがとう~^^v
ありがとう~^^v
↑↑↑↑



頑張るメタボなふくちゃんに応援宜しくお願いします。
左のリンクから行けます。
リンクもお願いします。バナーです。
アイラの会
ショッピング支援
☆楽天






☆オリジナルTNR猫グッズ

T.N.R_10(バッグ)
T.N.R_7(缶バッジ)


「にゃぬ~ン王国」のゆさんがデザイン支援をしてくれました。
売り上げの一部が猫たちの治療・不妊手術に使用されます。



カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
最近の記事
検索フォーム
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
カーソルの周りをきらきら