FC2ブログ

ちゃむ避妊へ

7日、獣医さんにて無事避妊手術を終えたちゃむ
迎えてくれた優しいドリアンぶたまるパパ?
だ~りん♪
獣医さんへお迎えの際、「ちゃむ、大丈夫」と声をかけた私に、はぁ~
なのに…
ドリアンぶたまるさんのカンガルー抱っこに安心の御様子ショック

カンガルー抱っこのちゃむは、その後…
ドリアンぶたまるパパと、一緒に寝んねしたそうな
よちよち♪
詳しい様子は、ここから


↓この子達の幸福を祈って!↓応援よろしくおねがいします
ありがとう~^^v
ありがとう~^^v
↑↑↑↑今日は何位かな~?



スポンサーサイト



病院へ

朝、ボランティアのMさんと公園猫の捕獲へ出かけた。
が…またもや失敗
焦りが伝わっているのかな…参ったな
・・・・・マジで参った後の言葉も続かないほど

凹みながらも、次の活動
今日は、ちゃむの避妊手術の日
ドリアンぶたまるさんから、預かり、獣医さんへ連れて行った

その後、
Mさんが3日前に獣医さんに連れて行った公園猫のキジトラちゃんを、別の獣医さんへ
3日前、治らない…と、言われた口内炎
外科的治療では、奥歯を抜く。
内科的治療は、月に一度のステロイド治療との診断結果に
不安を覚えて、念の為に、もう一件
さ~病院に行こうね!
ご飯を食べると、痛いらしく、夏以降少し痩せたと言う

私とは、初対面だけど、怖がりもせずに穏やかな良い子達

獣医さんでも、Mさんに抱かれて落ち着いて、診察
診断の結果は、前の獣医さんと、一緒だった
栄養価の高い食事をさせて、月に一度ステロイド点滴を打ち
様子を見て、奥歯の抜歯をしてもらうことにした
保護できない…自分がもどかしく、情けない
Mさんも住宅事情があり、。私以上に、もどかしいだろうな…

生後2ヶ月位の頃、3兄弟で段ボールに入れられ、捨てられていたらしい
1匹は、1週間ほどで散歩中の方が家に連れて帰ったそう。
2匹は、この公園で3年間を過ごしている。避妊済

そして、今回私が気になった黒ちび
子猫のときに捨てられて、2年を経過するというのに、小さい
腰から下の肉がなく、痩せているし
君も一緒に行こう~!
胃腸も小さいのか?
食事もほんの少ししか食べないという
「今日は、沢山食べた」と、喜んでいるのもつかの間…
食べ過ぎ?の嘔吐もあるという
黒ちびも一緒に、連れて行くことにした

基本的な血液検査と
猫白血病ウイルス感染症(FeLV),猫免疫不全ウイルス感染症(FIV),猫伝染性腹膜炎(FIP)
検査ののための採血中
偉いね~ちびちゃん
可愛い
2匹とも、大人しく診察を受けて、飼い猫以上におりこうさんだった

心配していた黒ちびちゃんは、心音、便の検査、基本的な血液検査は異常なし。
猫白血病ウイルス感染症(FeLV),猫免疫不全ウイルス感染症(FIV),猫伝染性腹膜炎(FIP)の
結果は、一週間後に連絡がある。

公園の森に、お家があるという(可愛がってくれているおじさんが作ってくれたらしい)
心配だけど…今は返すしかない私の事情

2匹を連れて帰ったら、キジトラちゃんの姉妹が待っていた
おかえり~♪
外猫特有の均整の取れた筋肉と、健康な丸みのあるラインがきれいな子だ

黒ちびちゃんのお世話をしてくれているおじちゃんが来た。
いつもお膝の上でこうやって甘えるという可愛い
おじちゃん!ただいま~♪
当初の予定に入っていなかったこの2匹は、今後も
おじさんとMさんと私の3人で協力して見守って行こう!と話し合った。

黒ちびちゃんは、検査結果次第で…里親募集をするか?
もしかしたら…我が家の子になるかもしれない
すぐにでも連れて帰りたい程…小さな黒ちびちゃんは、2才なのに…1.8㎏しかなかった

何だか…今日は、黒ちびのことを思うと…胸が痛くて…これ以上は書けない

ちゃむの避妊手術は、無事終了
可愛いちゃむの写真は、また今度


病気に負けるなキジトラ&黒ちびちゃん!↓

FC2ブログランキング


里親募集中の猫

Cat paw clubを開設後、数人の方から保護以来やのら猫保護の相談を受けてきました。
昨年末、里親募集依頼を受けていたあるお宅の猫達を紹介します。

飼い主だった方は、40代の方で、長年保護活動やTNR活動をなさっていた方です。
家族の方からの相談で、このままでは「保健所に」との事でした。
仲間のボランティアさんと協力して、物資の援助や説得を続け、里親募集依頼を受けました。
現在は、家族の方が面倒を見てくださっています。
でも…いつ、どうなるか?という不安も過ぎります。

我が家にも5匹のパピヨンと猫のルークがいます。
主人は一人で生きていけるでしょう。私がいなくても、命の危険もありません。
でも、家の子たちは…。
この猫たちと同じ思いをするのか…と。思うだけで胸が痛くなります。
不幸は、誰にでも襲い掛かる現実です。

孤児になった猫たちに、実際に会った時に感じた
猫たちのあふれんばかりの不安や悲しみ、そして淋しさ。
昨日までは、飼い主に甘えたり、悪戯をしたり…していたのに…。
人の温かさを知りながら…人に甘えることの出来なくなった猫たち…。
安全で日当たりの良い部屋にいて、食事の心配もない環境にいても
飼い主がいなくなった家庭内で…この子達は不安な表情を見せるようになったのです。
一刻も早く、安心した暮らしに戻してあげねば!そう思います。

小さなお子さんのいらっしゃる家庭は、今回はお断りさせていただきます。
心をケアする時間が必要と思われるからです。

・猫を飼いたいけど、子猫の面倒は大変だ
・人馴れしている猫が欲しい
・この猫と、一緒にのんびり余生を送るのも悪くない
そう思った方がいましたら、是非、この子達を迎えてあげて欲しいと思います。

一部の猫を除き、避妊去勢はしています。
基本的な検査や、ワクチンも済んでいます。
宜しくお願い致します。

別枠にて募集中です。
こちらから

ショッピング支援
☆楽天






☆オリジナルTNR猫グッズ

T.N.R_10(バッグ)
T.N.R_7(缶バッジ)


「にゃぬ~ン王国」のゆさんがデザイン支援をしてくれました。
売り上げの一部が猫たちの治療・不妊手術に使用されます。



カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
最近の記事
検索フォーム
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
カーソルの周りをきらきら