スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公園猫たち

既に里親募集をお願いしている公園猫たちだけど
今のところ…問い合わせはなし

26日に、避妊済みの2匹を一時預かりさんのお宅へ送る事が決定
したので、夕方餌やりさんと待ち合わせて、レボリューションを投薬した

木を猫じゃらしのようにして遊んでやったり
話しかけてあげたり…実に微笑ましい光景を見れた
本当に良くなついていて安心しきった表情
(残念ながら…デジカメを持たずに出かけた私

朝夕の餌やりさんたち、全員集合でお会いしたのだけれど
皆さん 避妊去勢には賛成だったが…
里親に出す計画には、不安もあるよう…
長年可愛がって来た猫たちだもの、それが一番だとは分かっていても
こんなになついているんだものね…淋しいよね

でも、既に数匹が事故に遭っている現実もあり、
万が一を考えれば…

私としてもお気持ちは十分理解できる…
でも、家庭猫になれそうな気質を持つのなら、
気長に里子に出す方が良いとお話をした。

皆さん、猫たちのことを愛しているのだと思う
会えなくなるのは、淋しいけど、この子達の為なら…と
言葉で皆さんの猫たちへの思いが伝わって来た

「一時預かりの方に、様子を見ていただいて…ご報告も私がします。
家に入れてみないと分からないのだけど、
家庭猫への適応がない子は、ここに返しますので」と言ったら、
「返した時に、ここでの暮らしにスンナリ入って戻れるんでしょうか?」と質問された。
もちろん、基本的にはどの子も家庭に馴れてもらうように努力はします。
数ヶ月も家に入れて…その後、返すことはしないと言うこと。
一ヶ月家にいて、泣く泣く返した猫もいるということ。
その子が、今も毎日食事に来ている。
一ヶ月もすれば、答えは出ます。大丈夫だとお約束をします。
と言う話をしたら、安心された様子だった。

猫が待っているからと、言う思いで
毎日の散歩を欠かせなくするようになった方もいると言う。
「この子達のお陰で、健康でいられるのだと思っている」と…
そんな話を聞くと…
このまま、この場所にいた方が良いのかも?とも、思いもしたが…
「まず、避妊去勢から始め
順番に預かり先に家に入れてみて…
家庭猫として、適応しなければ…ここでのお世話は、お願いします」と伝えた。

餌やりさんたちの心優しい会話の中…私の心は嬉しくて…泣いていた。
見知らぬ人と人が命を繋ぐために会話をしている…
まーるい優しい空間だった
こんなにも愛されて可愛がられて来た公園猫たち
良い里親さんに巡り合うようにと、心から思う。

26日の午後2匹を捕獲保護し、そのまま獣医さんへ行き
基本的検査と血液検査、耳掃除と爪切り後、一時預かりさんのお宅へ

2匹の猫ちゃん達の家庭猫への修行が始ります。
人に優しくされたことのある猫ちゃん達だもの大丈夫
きっと、のら時代の凛々しさを持つ、べっぴん猫ちゃんになると信じている。
スポンサーサイト
ショッピング支援
☆楽天






☆オリジナルTNR猫グッズ

T.N.R_10(バッグ)
T.N.R_7(缶バッジ)


「にゃぬ~ン王国」のゆさんがデザイン支援をしてくれました。
売り上げの一部が猫たちの治療・不妊手術に使用されます。



カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
検索フォーム
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
カーソルの周りをきらきら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。