スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島の保護猫たちの近況

写真をたくさん撮影し、いつでもブログ公開できるように、やっと!準備段階完了。
少しずつ、家事の合間に、公開作業を頑張りたい。

この時期、どのお宅もそうだと思うけど…
ストーブの前に陣を構える我が家の保護猫たちに笑える日が続いている。
DSC01007_convert_20120118120855.jpg
3DKの我が家。
猫たちのストーブは、4畳半の猫部屋と台所の隅に置いている。

福島被災地から救出してきた猫たちを、私が今まで公開しなかった理由を。
  被災から4ヵ月。
  夏の暑さが体力を奪ったからだろう…
  7月以降救出した猫たちは、殆どの子が
  白血病や、すい臓疾患、肝臓疾患、エイズキャリアを患っていた。

DSC01085_convert_20120118123452.jpg
  白血病キャリア 小高地区にて保護したメス猫、健在です。
 
 一時預かり宅に数匹はお願いできたが、残った子達はすべて我が家に。
 その数…それ以前の保護猫を合わせて、30匹を超えていた。

 すべての猫のウィルス検査、血液検査を済ませ、病気別に部屋当てをし
 症状の重い子や猫嫌いの猫、白血病キャリアの猫たちは、ケージの中のみの飼育。
 エイズキャリア猫は自由にさせているが、食事はケージの中で
 食後、トイレを終わるまでは、ケージに入れておく。
 100円ショップでステンレス製の食器を購入し使用しているが
 犬猫の食器を洗うのに、30分を要するほど。全て都度消毒をしている。

 猫部屋は通常は4畳半一部屋だけ。
 この部屋は、大きな壁一面のケージを常時設置。
 キャットタワーを出窓に沿って置き、片方の壁にも3段と2段ケージを置いている。
 ケージの一番下に、計7個のトイレがある、
 いつもはこの部屋には10匹位の保護環境。

DSC01088_convert_20120120003931.jpg

 福島の猫が来てからは、8畳の台所にも、3つのケージを置き、
 6畳の和室に、病気の猫のケージが3つ
 ケージのない部屋は、6畳の犬たちの部屋のみの配置となり
 犬小屋と猫小屋の中で、暮らしているという感じの我が家となった。
 夜になると、犬たちは私のベッドの中へ、自由にさせている猫たちが犬のケージの中で寝る。
 と、いう流れで…狭いながらも、犬猫はうまく共同し、
 猫38匹。犬5匹との暮らしがスタートしたのが7月。

 病気の猫が多いと…健康な猫の管理にその分気を使う。
 一時預かり先を見つけては、お願いし。徐々にその数が減ってきていた8月末、
 保護した時に衰弱し、入院通院治療後、持ち直していた白血病キャリア猫2匹が
 同じ頃に発症の症状が出てしまった。
 
DSC00913_convert_20120118124029.jpg
  上の三毛猫と同じ地区で保護した三毛猫(肝機能障害と白血病発症のため永眠)
 
 健康猫への白血病感染の可能性がある状況下になった我が家。
 こうなると…里親にも、一時預かり宅にも猫は出せない。

 先住保護猫たちは、白血病感染予防のためもあって、全て4種のワクチンをしている。
 だが、我が家にいる先住保護猫たち、みんな一癖ある、里親にも縁のない子達ばかり。
 人なれしている健康猫を移動し、感染を防ぎたい。
 1匹だけは、一時預かり先が見つかり、お世話になることができた。

 9月10月 キャリアの猫が次から次に発症し、猫たちの通院が始まり
 6匹の猫たちを看取り…。
 治療費も、毎月20万出費に膨らみ。
 福島猫への義捐金も減ってきた状況の中、犬猫と猫と暮らしていくために
 治療費を支払うために、仕事もせねばならず。
 保護しています。の公募をする余裕もない時間に追われた毎日

 疲労困憊は過去最高に達していた状況の中、
 ネット公開で、飼い主が名乗ってくる状況を作る気になれなかった。
 必死で探している方々は、現地の保健所には資料を提出していたので
 問い合わせれば、当会へたどり着くとも分かっていたし。
 私たちは保護した現場周辺に保護しましたと張り紙を残している。
 必死に探している飼い主なら一時帰宅の際に目に付く所に掲示しているから。

 過去、どう見ても違うだろうという問い合わせに振り回された時期もあった。
 探す方も必死なのだろうが、どう見ても違う問い合わせが多すぎる。
 三重苦の精神状態にいた私には、こういう問い合わせに耐えられる自信がなかった。
 猫たちに集中し、我が家のこの危機状態を脱しなければ!
 一杯一杯だった。
 
 白血病キャリア猫は、2匹を残して…旅立っていった。
 多頭では、十分な管理は出来ないと思う。
 でも、他に保護する方がいないのだから
 限られた環境下でも、やるしかないし、猫たちにも受け入れてもらうしかない。
 多くを保護し、大変ね~と、真摯に心配してくれる方もいたが
 何匹いるの?と、自業自得だとあざ笑うかのような笑みを浮かべる方もいた。
 確かに笑われてしまうほどの状況下にあった。
 
 発症猫がいる中…健康猫が発症していないかどうかを確認するには
 潜伏期間があるので、数ヶ月を必要としていたし。
 里親募集作業も出来ない。
 30匹を超える猫たちと、発症猫を看取り、感染がないと判断可能な日まで…
 進むしかない。と、腹をくくって日々を過ごしてきた。
 泣くわけにも逃げるわけにもいかない。大変な思いをして救出してきた命だから。
 今、この子達の飼い主は、私だから。
 亡くなった福島猫たちは、十分ではなかったかもしれないけど
 私なりに懸命に治療してあげれたし、
 自宅看護をし、語り、心を通わせ、最期を迎えさせれたと思う。
 あの子達の幸せな日々を奪った原発が憎かった。
 救出をせずにいた国が憎かった。
 ワクチンもせず、家外自由にしていた飼い主に、文句の一つも言いたい思いもあった。

 途中、数人の飼い主さんが名乗り出てくれた猫たちもいたが、
 どの方も飼育環境がなく、無償でこちらで預かっていたが
 その2匹も、エイズ猫キャリア&白血病キャリア猫。
 白血病発症した出た時点で、最期を看取ってあげて欲しいと。
 飼い主に引き取りもお願いしてみたが、飼育環境がないからと…
 飼い主にも看取られずに、逝ってしまった子もいる。
 被災者の事情は分かるが…猫たちが哀れだった。

 追い討ちをかけられる辛さを…消化しなければならない私
 猫を見ると涙が出てくる。泣いている時間などない。
 この状況にいる猫が哀れで、辛く、落ち込む日々。
 気分転換に良く数時間のプチ家出をしていた。
 救出したのに…
 私にしか看取られず…逝ってしまったあの子達が哀れでたまらなかった。
 
 本来、保護をしないのを前提と考えている私。
 福島の猫たちは、現地に立ち、その悲惨さを目の前にした日から、
 出来る限りをしようと思ったし、保護先がなかったら、すべて受け入れるつもりでいた。
 予想していた大変さだけど…予想以上の過酷な日々だった。
 一人で、50匹近い犬猫の世話など、人生始まって初めてのこと。
 でも、今振り返ると…新たに、多くを学んだ時間だったように思う。
 猫たちを通じて、教えてもらった多くのことを生かし
 今後活動に反映し、解決していきたい。

DSC01089_convert_20120118124928.jpg
 小高地区にて保護♀ 
 健康猫だけど、生粋のノラ猫さん気質


 病気の猫たちが旅立った後、
 お疲れ様とでも言うように…
 今まで怯えていた子が甘えるようになる瞬間を何匹も迎えた。

DSC01093_convert_20120118125228.jpg
 小高地区にて保護♀ 兄弟猫♂と保護。
 二匹共に健康猫 生粋のノラ猫気質だが触れるようになった。

 時を経て、全ての健康猫への感染がないと分かった今…
 それを知るかのように、
 新しい家族へと、命のリレー活動に進めと!猫からの合図の時が訪れた。
 甘える。おもちゃで遊ぶ。屈託のない寝姿を…猫たちは見せ始めている。

DSC01032_convert_20120118142724.jpg
右・浪江地区にて保護 黒猫♂ 山の中で保護したが従順で甘えん坊になった。里親募集予定。
左・名古屋市東新町にて保護 キジトラ♂  里親募集予定。

 未だに、隠れて姿を見せない猫が1匹だけいるけど、
 みんな里親募集をそろそろ開始しても大丈夫な時期を迎えている。

冬が終わる頃には、我が家にいる被災保護猫たちにも春が訪れますように…。
元気な様子を近くお披露目いたします。


現在33匹の保護猫たちを管理しています
毎月フード60kg缶詰150個が必要です
新しい家族に迎えられる日まで、この子達へ支援をお願いできないでしょうか?
私一人の稼ぎでは追いつきません。
皆様方のご協力を、今一度…お願い致します。

 支援物資)
 フードは、銀のスプーン、ロイヤルカナンセンシブル、
 ロイヤルカナン消化器サポート PHコントロール1がありがたいです。
 缶詰は、銀のスプーン、ねこ元気、黒缶、金缶などを与えています。

 支援金)
私の出せる範囲は出していますが、治療費がマイナス10万の現状にいます。
皆様方のご支援のお陰で、病院への支払いを完了いたしました
20日のセミナーが終わり次第、早々に、収支報告公開の準備に入ります。

未だに肝臓疾患、尿疾患、癌などの病気猫が多く、支援金は、右から左の状況ですが
何年間も毎月支援を下さる方々が数名いらっしゃるのですが、
その方々の支援と私の少しの支援で、月々の治療支払いは可能な状況になりました。
沢山の方々からの善意のお気持ちいただきましたこと。
被災猫たちに変わりまして、深く感謝申し上げます。ありがとうございました。(追記)



ある日突然…人が消えた町で必死に生き抜いていた猫です。
助けた命には、十分なケアをしてあげたい思いでいます。
皆様方の善意の協力を猫たちにお願い致します。

三菱東京UFJ銀行
植田出張所支店
普通口座 3803327
キャットパウクラブ




たくさんの方に知っていただきたいので、それぞれ一回クリックをよろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

里親募集強化の為、地域猫から猫ボランティア・保護活動へ一時移動いたします
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 川本さんへ

こんにちは、覚えていますよ
猫が大好きという様子でした。笑

ご支援有難うございます。
私も犬猫優先した家計ですが、猫の多さに困窮してしまい、皆様にご協力をお願いしてしまいました。
皆さんのご支援のお陰で、我が家の猫たちはまん丸、プクプクです。笑

今夜も順に猫を紹介していきますので、個性的な面々をまた見に来てあげてください。
中でも、GOOという被災猫、かなり笑える風貌です。
飛び上がるほど、びっくり顔です。笑
お楽しみに~♪

11月に幼い娘と旦那と譲渡会に行かせていただきました川本です。

久しぶりにブログを見て頭が下がりました。

私には何もできず。ほんのわずかですが本日銀行にて振り込みさせて頂きました。
少しでも猫ちゃんのたしになればいいです。

お身体に気をつけて、たくさんの猫ちゃんが幸せな家族に出会えることを願っています。

Re: santakawasakiさんへ

> 覚えていますか?
はい。覚えています。
いいえ、行くタイミングが合わずに、お役に立てずでしたから…

ご自身でもたくさんの猫を抱えて大変でしょうに、後方支援もされているのですね。
ご苦労様です!
そんなに頑張っている方から、ご支援はいただけないです。
私は、応援の言葉だけでありがたいです。
支援物資の提供したいと数人連絡がありましたし、大丈夫です。
お宅の猫さんたちにお願いします。

お体に気をつけて頑張ってください。
私も、縁をつなげる日まで、トイレ掃除と洗濯、そして33枚の食器洗い頑張ります。

Re:せんぼうさんへ

おはようございます。
記載いただいた先にメールいたしました。
応援有難うございます。

頑張って&感謝しています。

こんにちは。
ブログを読ませていただき あなた様の猫に対する愛が、心を打ちました。

覚えていますか?昨年、4月警戒区域になる数日前に、私たちが保護できなかった浪江の室原の湯近辺の猫の保護依頼をお願いしたものです。あの時は、本当にお世話になりました。結局、警戒区域に設定され、時間的に間に合わなかったこと。になりましたが、私は、遠く名古屋から駆けつけてくれるあなた様の、気持ちがとても嬉しかった。
本当に嬉しかったことを憶えています。

私の家にも、この都会でいじめられ行き場を失った猫たちが31匹います。この子達を個人で飼養することは、簡単ではありません。それでも、私は、あなた様に感謝の気持ちだけは送りたいと思います。

現在は、福島の動物救援に参加することは出来ていませんが、福島で頑張っている人たちの後方支援を順番に行っていますので、今月末に少しですが、フードを送りたいと思います。
僅かですが、猫さんたちに食べてもらってください。

最後になりますが、お体をどうか大切にしてください。

PS 私も プチ家出します(笑




No title

何の罪もない子たちが、こんな辛い状況におかれているのはホントに胸が痛みます。
我が家にも、2年前動物愛護センターから譲ってもらった猫が1匹います。
もしあの日愛護センターに行かなかったら、この子はどうなっていたのだろう・・・とふと思うことが度々あります。
震災が起きてから、いまの私にできることは何なのか?
ずっと考えてきました。
この子たちが幸せになるために微力でも何かできたら・・・
そう考えるようになりました。
とりあえず支援金を送ろうかと思ってます。
そんなことでも役に立てるのでしょうか・・・

Re: まめさんへ

ご支援いただきまして有難うございます。
今日は福島から5月に救出保護してきた犬のトライアル開始日♪
三重の一時預かり宅まで迎えに行き、岐阜まで連れて行きます。
長旅の疲れが出ないかと今から心配していますが、幸せへの一歩、頑張ってもらわねば!
なかなか更新が出来ない状況ですが、またご報告いたします。

No title

はじめまして。昨日初めてこのブログを知り、今日少しですが送金しました。本当に僅かで申し訳ないのですが。 余裕が出来たらまた送金します。

Re: タマさんへ

こんばんは、
> 1年以上前に「のらくろ」という野良の捕獲、手術で
> いろいろアドバイスいただいたものです
> あのときはありがとうございました
ごめんなさい。
たくさんのサポートをしているので、猫の名前だけでは思い出せません。
役に立ってよかったです。


> 久しぶりにこちらを訪れて驚きました
> 本当に極限状況、、、
はい・・・
皮肉なことに、猫たちが亡くなってからは時間に余裕が出来ました。
9月の中旬には、疲労と夏バテで2週間ほど寝込みもしました。
何の因果で何やっているのだろうと思ったりもしますが
やはり…猫とて命。生きているものを放ってはおけませんし。

昨年の夏から秋は、本当に極限状態でした。
朝夕の掃除だけで、昼寝が必要なほど疲れていましたし。笑
ですが、その間、いろんなことを考える時間が持てました。

市内の所有者不明猫の問題を解決しなければならないと思いましたし
名古屋だって、いつ被災地となるか分かりません…
何かあった時に犠牲となる命がないように備えておく必要もあります。
活動を通じて、皆さんが、自分の身に置き換えて、次の災害に備えて欲しいと切に思います。

> あの震災ではあまりの過酷な現実に
> 義捐金を出すくらいしかできない自分に情けなさを感じてました
> でもりりママの活動と行動力を知り
> 恥ずかしい気持ちです
そんな風に思わなくても・・・いいと思います。
義捐金を支援した方の気持ちも、私たち救出に行ったものの思いも同じです。
出来ることを何かしようと思う気持ちが大事だと思います。
個人レベルで救える動物たちの頭数ではなかった現実の中
たくさんのボランティア団体や個人の方が動物救済活動にも尽力くださったお陰で助かった子達。
我が家にいる猫たちや、一時預かり宅にいる犬たち。
みんなそういう人の心があったからこそ、救われたと思うんです。

ご支援をお振込みいただいたそうで、有難うございます。
どの子も、点滴治療が毎日だったので治療費が大変でした。
助かります。有難うございました。

No title

1年以上前に「のらくろ」という野良の捕獲、手術で
いろいろアドバイスいただいたものです
あのときはありがとうございました

久しぶりにこちらを訪れて驚きました
本当に極限状況、、、

あの震災ではあまりの過酷な現実に
義捐金を出すくらいしかできない自分に情けなさを感じてました

でもりりママの活動と行動力を知り
恥ずかしい気持ちです

その気になれば自分にもできることはいろいろあるはず

とりあえず少しだけですけど植田出張所支店に
支援金送らせてもらいます
ショッピング支援
☆楽天






☆オリジナルTNR猫グッズ

T.N.R_10(バッグ)
T.N.R_7(缶バッジ)


「にゃぬ~ン王国」のゆさんがデザイン支援をしてくれました。
売り上げの一部が猫たちの治療・不妊手術に使用されます。



カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
検索フォーム
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
カーソルの周りをきらきら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。